「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Antica Osteria Toto( 1 )



    さてと・・・・・

    やりますか・・・・・・

    ここいらから、サキの旅行記事が続く事になります

    う~~ん、1ヶ月。。。。

    で済めばええけど・・・・・。。。





おっTOっTOっ

e0119122_1672761.jpg

    11月1日 お昼過ぎに博多入り

    博多は日曜が定休日の所が盛りだくさん

    行きたいお店は他に山ほどあったけど、ザンネン賞で

    今回はトトへ オステリアだそうです。。。

    大体はアラカルト注文みたいだけど、ここは事前にコース設定で予約

    8500デギュでおまっ。


 
    一発目  黒豚・トリュフのリエット ヤリイカフリット

    えろ意リエット、風味は内臓系

    でも、内臓系はノーイン。。

    ヤリイカにオンはカボスイエロー

    風味よりは味が立つ  正解。。






アンティ  タイラギ(有明)パンチェッタのサラダ

e0119122_16152242.jpg

    タイラギ久し振り
  
    岬で食べた以来だから、1年ぶりか~~

    チ~~ト、ビアンキュイ

    でも、考えてはる

    いい酸味にリンゴの食感と甘み・・・・・ウメェ~~






アンティ  ラングスティーヌソテー ひよこ豆ピュレ サフランと白のソース

e0119122_16194464.jpg

    スカンピ、最近では国産も多いみたいですよ。。。




アッピッピ

e0119122_16205461.jpg

    うまそうじゃろ~~

    そりゃ~~旨いぜ~~

    パンチェッタ巻きでいい塩分


    ここまでアンティ3品、ええ感じ 構成も結構好き。。。






プリモ  牡蠣と春菊 パッパルデッレ

e0119122_1624963.jpg

    この何ていうんかなぁ~~

    切ったときに波線になるヤツ欲しいわ~~^^

    味は至って普通。。。

    クリーム系で来るよりはオイル系は・・・・正解。。。






セコンド  天然鯛ロティー 魚介裏ごしスープ

e0119122_16264940.jpg

    鯛の塩焼きとか 火の入りすぎた白身のお魚は

    あんまですが

    これはスープの激エロが伴ってまぁまぁでです。

    でも、基本ビアンキュイなんやね~~。






セコンド  仏産 フェザンとジロール茸のココット  秋トリュフ風味

e0119122_1630508.jpg

    豪快 豪快 トリュフ数えてみたけど忘れた^^

    フェザン 火入り過ぎでギシギシ 

    臭みがなくパサツキがあるフェザンだけに

    もうチト、ピンクが花丸。。






ドルチ  カボスソルベ

e0119122_16385368.jpg

    ス~~パッ。。

    ほんま、、ス~~パッ!!!






ドルチミスト

e0119122_16395749.jpg

    スフォーリアテッレとクレーマフリッタ




    塩振りはええ感じ、キュイがチトビ~~アン

    でも、色んな層に支持されてるんは分かるきがする

    奥さんかなぁ、親切なサービスで凛としてはるから

    空気もオステリアの感じはなく どっちか言うたらリストランテ

    火入れの事言うたら、チト、ウン?って感じやったけど・・・・・・



    
   
[PR]