「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:hôtel de Yoshino( 1 )



    二日前の22日でブログ開始○三年
    ようやくです
    始めたころの初志は三年続ける事
    貫徹できたので、やめてもいいんですが
    もう少し考えます・・・・

    そうそう、レビュも祝300
    三年で300、合わせたわけではないけど
    なにかのめぐり合わせってあるもんやね。






オツリ・ハ・ヨシ~ノ   ナンセンス
e0119122_1630246.jpg

    記念やいうのに ブレブレスタート
    最近LX調子ワル~~
    
    オテル・ド・ヨシノ
    和歌山にあるフレンチ そんな説明はいりませんか・・・
    こっちの1つと向こうの1つ どんなでしょう?
    多店舗展開では料理長が違うのは当たり前だけど
    そもそも、料理長にその人の味が再現できるのか
    または、その人のオリジナリティーを含めての抜擢なのか
    そんな事に意味があるのか
    私には分からないけど、利をとるのか名をとるのか
    これで少しはわかるんでしょう  多分




e0119122_1636630.jpg

    プティなシュ~

    印象に残らない シュ~
    アミューズにしては 看板は務まらず





e0119122_1638941.jpg

    これ欲しい
    ベルを鳴らすと バターお代わり
    そんな訳ない





e0119122_163992.jpg

    トビウオ まりね  トマトクーリー

    フランスのエッセンス全快
    少し火が入ったトビウオは苦味感があるマリナードで
    一段も二段も上のクラスのあじわい
    クーリーが酸味をプラスで ボンソワール・ムッシュ~
    飲みたいワインがなく グラスでチジコム





e0119122_1642338.jpg

    トガリンパン
    
    新聞紙なら貫通する強度
    



e0119122_16432825.jpg

    トマトヴルーテ

    チョリソ~の風味強し
    トマトがイキイキ感じない
    
    正直好みじゃない
    



e0119122_1646389.jpg

    岩牡蠣 白ワインピュレ クレソンピュレ

    冬の牡蠣より大好物
    まだ出始めだけど、いい濃厚さ
    クレソンのピュレは好相性
    




e0119122_16492925.jpg

    出った
  
    テロワの産物
    イカホド~




e0119122_16501757.jpg

    伊勢海老ロッティ アスパラ森

    旨くないわけはない
    でも、なんの面白みもない
    
    ここのコースはよく分からん
    素材を活かすのか クラッシクにいくのか
    理解できない
    観光客相手に商売していそうな感じ





e0119122_16541854.jpg

    カナール・ド・マレ  ドフィノア

    唯一、記憶に残る皿
    カナール・ド・マレの低温
  
    マレの火入れは素晴らしい
    シャランさんとの違いも瞭然
    肉は味わいが深く、赤っぽさも保持
    マレは何度か食べたがここまでの物は初めて
    



e0119122_16581035.jpg

    アヴァン
  
    白い恋人 チョコのない恋人




e0119122_16585270.jpg

    球体の招待




e0119122_16594197.jpg





e0119122_16595670.jpg

    カヌ~レベル隆

    
    15000のお任せコース
    ほぼプリッフィクスの抜粋にお任せの意味はあるのか

    和歌山のテロワ 感じない

    夜景が綺麗に見えるテーブル
    デートにピッタンコ
 
    そんなもんでしょうか・・・
[PR]
by kanon20020920 | 2010-05-24 17:03 | hôtel de Yoshino