カテゴリ:mille e una notte( 2 )



    イチジクって今?
    違うよな~~

    実家のイチジク、もう古木なんだけど
    何故か、実がワンサカで色づいてきています
    なんでやろう~

    まっ、変な感じはするけど
    収穫は嬉しい
    予定ではコンフィチュールとタルトになる
    方向だそうで・・・・



5000ディネ
e0119122_1624328.jpg

    雰囲気は関係なし
    大体どこ行ってもビールスタート
    やめれません

    奈良は新大宮にあるイタリアン
    二度目の訪問は9月の末の事
    コースは5000円、前のランチもそうだけど
    破格です
    


e0119122_1627710.jpg

    イチジク・モモ 生ハム ミントジュレ

    挨拶代りの皿は
    香草かおるジュレにフルーツ
    ハムの塩気が丁度な塩梅 いい仕事です。



e0119122_16311395.jpg

    サツマイモスープ 黒ゴマニョッキ

    素材の味



e0119122_1634660.jpg

    ハモ グリッリア インサラータ

    第1波へのさざ波



e0119122_16351143.jpg

    ペッシェ めばる・スカンピ アメリケーヌ 空芯菜

    ここのお店、魚料理が素晴らしい
    素朴、だが・・・
    無駄を削ぎ落とした素材の使い方、構成
    引き算には違いないが
    間違いないのは嫌な飾り気がないうえにある
    足し算。



e0119122_1648264.jpg

    サンマと焼茄子 オイル

    季節感じる いいお皿



e0119122_1650426.jpg

    松茸と穴子のリゾット

    今回は穴子の煮汁はナッシング
    松茸のプライド 重視で・・



e0119122_16533323.jpg
 
    カルネ イベリコ ヴィ~ノ・ロッソ 

    カットは厚めが好み
    


e0119122_16555191.jpg
 
    ドルチ・ミスト

    かぼちゃプリン・チーズケーキ・抹茶ジェラート
    フリーズな苺ソルベ

    最後に来て、この内容は笑いがでる
    それぐいボリューミィー



    
    一皿に素材は3・4品
    いい意味でシンプルでいて、その構成はハイレベル
    でも、コースとして飽きが来やすいのがネックにとなる思う。
               
    今回は、ペッシェの皿が最大の盛り上がりで
    そこからは、波が引いていく
    もう1波欲しい・・特にカルネ
    魚料理においては、ホントに素晴らしいお味
    
    一皿のポーションは少ないにしても
    ふつうの方なら、腹がはち切れそうになる筈
    デザート入れて、8皿
    それで、5000円・・・・不思議な程、安い
[PR]
by kanon20020920 | 2010-11-19 17:31 | mille e una notte


    花粉メ~~、
    この最近もうズブズブのグチャグチャ

    鼻炎薬も毎日飲んでいると効き目が全然
    何の耐性やねん

    そんな状態で、昨日歯医者に行ってきた
    だめです・・・・ホント
    うぃぃぃ~ん・・・・チョット、チョットマッテ・・・・息が・・・出金
    ホンマ死ぬか思た。





千と1つの夜
e0119122_16181842.jpg

    奈良の芝辻町 新大宮駅から程近い場所にある
    イタリアン  ミッレ・エ・ウナ・ノッテ
    前の名はクアトロ・スタジオーニ
    何で名前変えたんかは知らんけど
    まぁ~~、旨けりゃそんな事はどうでもいい事

    お昼はコースのみの予約制
    3000・4500
    4500のムニュでサクッといっちゃいます

    この葉っぱおぼえていてね・・・・。。。





e0119122_16221539.jpg

    前菜   ホタルイカ 香味ジュレ
    
    アオヤギ・ツブ貝に、ジュレはトマトのリキッドをベースに
    昆布系の甘味と香味野菜の風味・緑タバスコか

    ブルルン・ブルルン~~
    エンジン全開
    素晴らしい前菜
    ほのかな期待がトマトリキッドでスパ~ク
    なかなか、いい感じの看板役
    




e0119122_1627717.jpg

    何気に旨いパン




e0119122_16274967.jpg

    前菜   車海老 アスパラとソバージュ

    グリエの火入れかな
    ミキュイの海老は軽いアメリケーヌと絶妙なマッチで~す、イェ~イ
    パンはこのアメリケーヌの為の物

    アセゾネは基本薄め
    素材をイカス調理  ウン、合うここのシェフ
   



e0119122_16305690.jpg

    前菜  赤イサキ(ハタ系) 西洋ごぼうピュレとバジル

    名にイサキと付くがハタの仲間
    赤イサキ いい弾力いい甘味
    これはやっぱ、火入れがいい証拠
    
    ゴボウのピュレとバジルピュレ
    ヤバイぐらいのバチコンコン

    和歌山の苦い記憶が消し飛ぶ・・・





e0119122_163558.jpg
 
    プリモ  真鯛とその白子、筍 木の芽で・・

    ここで肉で終わりか・・・・
    それではチト高いなぁ~と思いきや

    プリモです
    そりゃイタリアンでプリモの無いコースってないわな~~

    このプリモ  劇うま
    シラコ・・・トロロ~ってちょっとくずして
    絡めて うん  ボッ~~ノ!!

    最初の画覚えてる~
    葉っぱ このためにあんねんね
    あんなんで、木の芽いけるんや~ 家でもしよかな~ 





e0119122_16393462.jpg

    プリモ  フォアグラ・穴子・ワラビ リゾット

    うん・? プリモ・ツゥ~
    うん・?  もしやこの後肉とか・・・

    マルサラ酒・昆布・穴子の煮汁
    和のテイスト
    穴子の煮汁は素敵な日本の芸術
   
    大胆なフォアグラの使い方
    いやな感じは無い 逆に油分がいい意味でプラスで 
    このリゾットありき感はあるが 相乗でいい
    
    このコース構成、はまるかも・・





e0119122_16434685.jpg

    肉  大和牛うちひら  赤ソース
  
    少しキュイがビ~アン
    でも、ホトバシル大和牛の肉のうまみ

    ガルニもここへ来て
    これでもかの要素
    
    このお店 大丈夫?
    お昼の4500でデザートこめて7品
   
    すばらしい だけに心配になる
    余計なお世話だろうが・・・・





e0119122_16472994.jpg

    デザートミスト

    チョコミラノ チーズケーキ粒感 GPソルベ、ヨーグルトグラニテ
    ロールケーキのパルフェ

    結構鍛えた腹にもズシンと来る
    ミスト・・・・素晴らしい

    しょっぱい・ミニャルディ~ズ出すとこより
    豪快で気持ちいい
    ほれてまう



    このお店実は、2年ほど前からずっと
    気になって、何回か電話かけようと思っていたんだけど
    残念に時が合わずじまいで 今にいたる
    モット早くであっていたら 結構な常連でしょう今頃
 
    なんにしても・・・・
    すばらしい 全体において レベルが高い
    時間は掛かるが それを吹き飛ばす
    皿の秀逸さ
 
    晩はカルトになるのか 行ったことないので知らないが
    ここは、コースでしょ・・・断然
    晩にもコースあるんなら
    多分月一か、ふた月に一度のペースで奈良まで
    阪神飛ばす

    今の所
    このコースでこの値段
    関西ヒロシ でも、なかなか無い高水域
    シェフの腕はなるほど 千一。。


    

    
    
    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-05-27 17:00 | mille e una notte