<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧



    しばしば、何故コメントを閉じてるのって聞かれる事があります
    理由はたいした事は無いんですが
    行ったり来たりのやり取りがめんどくさいのと・・・・
    純粋に料理の記事を見に来てくださる方には必要のない事かなぁ~と
    思っての事なんです。。。

    後・・・・まだ知らない方もいると思いますが
    コメント代わりにメールをカテゴリのある左下の方に開設しています
    mailという所をクッリクしたら僕あてのアドレスがついた、メール送付に飛ぶので 
    何かあれば気軽に御一報ください。

    質問でも、批判でも全然かまいませんので・・・・・^^
    それらには、しっかりと御返答するつもりです。。。





滔々と・・・

e0119122_1065482.jpg

    以前、去年11月にいった 金沢旅行のアップ
    
    泊まりの宿は、石川県は山代温泉のあらや滔々庵
    ろさんじんと関わりが深く、いまでは老舗の香が強くでる名宿です。

    


e0119122_10101189.jpg

    少し広めの部屋を取ってもらいました
    部屋の中には書斎もあって、なにぶん寛げます。。

    さて・・・やっぱりなんと言っても、料理っしょ~主役は・・・・





e0119122_10125094.jpg

    前菜
  
    今となって、ほとんど料理名は忘れましたが
    輪郭はくっきりと覚えていますよ~~^^

    上品なしつらえで、お酒を楽しく飲めます。。




e0119122_10163674.jpg

    椀

    小さな所まで、イロイロなこだわりが見えます
    味はどちらかと言うと、昆布は薄い
    椀は個人的に昆布が強いのが好きです。。




e0119122_10182831.jpg

    造り

    カマスにイカに鰤でしたか~~
    繊細・・・、鰤よりはカンパチ派ですが
    ホントにいい鰤は、食感よりも、脂を食すそんな所が分かります。。





e0119122_10221956.jpg

    ガス補充




e0119122_1022472.jpg

    焼き物の前に1つ

    はて・・・? 覚えがありませぬ・・・^^




e0119122_1025180.jpg

    焼き物

    喉黒塩焼き
    寿しでは何回か食べた事はありますが
    焼きはお初でした
    ・・・・・旨い 高い訳は ・・・・旨い
    シットリしているのは、まるでグジを食べているかのよう
    でも、嫌な臭みはなく、鯛とグジのいい所取りってカンジです。





e0119122_10281589.jpg

    梨を使った 変わり皿

    滔々庵・・・・よく果物がでてきます
    あまり、自分的には果物が入った料理は好きではないが
    嫌味なく、美味しく食べれました。。。





e0119122_10303959.jpg

    鮑


e0119122_1031135.jpg

    王道ですな
    旨くないわけは無い。。。




e0119122_10313721.jpg

    柿の風呂吹き
   
    味噌餡の柿風呂吹き
    う~~ん、?
    ・・・・以外に美味しいんです。。。




e0119122_1033293.jpg

    毛蟹
 
    蟹はほじくるのがめんどくさいので
    アマリ好きではありませんが、どうしても、オイシイ~~



e0119122_1035037.jpg

    最後はとろろ



e0119122_10352719.jpg

    なんと言っても、ご飯が旨い
    オヒツ丸ごとOK



e0119122_10361624.jpg

    デザート




         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




朝食

e0119122_10371817.jpg

    温泉のお湯でたいた 御粥
    カマスの焼き物 ナドナド

    朝からおひつのお代わり、仲居さんもおどろきの
    ご飯大盛り4杯の大食いです。



e0119122_10402230.jpg

    そりゃ~~進むでしょ~~



    滔々庵、良き宿、良き湯、良き老舗の香でした
    料理的には、もう少し、パッとしものが欲しかった

    でも、トータルでは、かなり上のランクでしょう。。
    また、行けたらいいなぁ~~。




    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-01-29 10:45 | あらや滔々庵


    一月になって、もうすでに二回目の風邪をゲッツ
    前は熱風邪、今回は鼻風邪・・・
    飲み疲れ等々が重なって、体力が落ちているのかな~~

    午前中、鼻が詰まって口で息をパクパクしていると
    同僚にもしかして鯉? って聞かれたので
    そこはきっぱり、ジャイアンツと答えておきました。。。

    ・・・・ね!  ・・・・キレわるいでしょ。。。





ブルッスリー

e0119122_15501719.jpg

    これもチト去年の物ですが
    とりあえず・・・・のしときます

    神戸市西区は玉津にある ブラッセリー ミニョン
    何年か前から たま~におとずれています
    大体ランチに行ってますが、2回ほど、ディネもあります
    今回は1500円ぐらいだったかな~その前後のランチ使い

    店のカンジはブラッセリーそのもの、イタリアンで言えばトラットリア
    簡単に飲み食いできる所ってそんな感じです
    品を見てみても、オムライス系があったり、タパス系があったりと
    気さくにまぁ~一杯と、そんな感じでしょうか~

    でも、何回か訪れているのには理由があって
    ここのパスタの質・・・特に麺はスコブル・ウマシ。。

    

e0119122_15562381.jpg

    ミスト  オクラちゃんアップ

    10秒間ぐらいは無敵です。

    いいまとまりのアンティパスト・ミスト
    嫌気のない総合で、お昼におしゃべりしながらは良くあいます。。





e0119122_155842100.jpg

    オイル・キノコ

    ヤッパリ、麺うまし
    前までは素材の組も結構気に入っていて、我が家で作った時も 
    参考にした事もよくありました

    

e0119122_1602562.jpg

    オイル・ジャガキャベツ

    う~~ん、でも前よりは少し、パスタの構成が粗くなっているかも・・・





e0119122_165412.jpg



    ミニョン・・・・これからも、ランチに軽~く、使う事はあると思います
    
    晩もアテと一杯はアリ~ノでしょう。。。


    
[PR]


    そう! 我が家は今、のりたまブーム
    おむすびを筆頭に弁当のふりかけに・・・・・おにぎりに・・・・うん?

    まぁ、幅はかなり狭いですが、ブームなんです

    この土日、近くのスーパーで178円の特価セールしていたので
    今回は少し趣向をかえてみて、味道楽とカツオのふりかけを購入
    モチ デジェネおむすびで・・・・・

    しばらくは朝のイヤイヤが無くなりそう~♪

    ちなみにごま塩は丸美屋より、SB派です。。。





タヴェルサ・モチロンタイ

e0119122_15294355.jpg

    アップ、遅くなってすんません~シェフ
    
    こちらは11月の初めに伺った時のいつもの6000円デギュ
    もう、2ヶ月前だけど、モチ・バチコンで覚えていまくリングです

    タヴェルナ・クチネッタ
    今更必要ないかもしれませんが、大阪は枚方市の七尾台にあるイタリアン
    チュラ雄が最近行くトラットリアはここだけです。
    目新しさは無いけど、料金にかっちりと比例する満足感 しごくお気に入りです

    う~~ん、もう、我儘は言いませぬぞ・・・・シェフ。。
    
    
    さて、
    一品目は  ボッタルガ冷製

    一発目の冷製は修行時代のなごりですね
    淡白な鯛にボッタルガ 両輪を引き立たせるシンプルなオイルベース
    6000円の初めとしては、充分すぎる顔です。。





e0119122_15495620.jpg

    焼き牡蠣

    前にジュッてクチビルをヤケドした因縁の牡蠣
    そっと、そ~~っと 慎重に扱います

    ・・・・旨いんです。

    



e0119122_15523420.jpg

    サンマコンフィ オイル系

    きのこさん・・・・さすがですね~~・・・
  
    初めはコンフィとは分からず、塩気のキツイ秋刀魚と思っていました
    でも、きのこさんに言われると、うん、このホロホロ感はやっぱり
    コンフィでしたね

    さりげにチョコっと入ってくるので、よ~~く、見ておかないとね~。。。





e0119122_15564021.jpg

    プロシュート イン ポルチーニリゾット

    何回目だろう、言わずもがな・・・こちらはシェフのスペシャリテ
    お初の人は是非・是非味わって下さい



アップッピ

e0119122_15582456.jpg

    食べていると、段々と生ハムに火が入ってくる
    また、そこが恐ろしく旨い

    これは、ホンマにスペシャリテ。





e0119122_1633799.jpg

    魚介のグリエ

    スカンピもお目見え
    これは、もうちと、しぼっても良かったかもしれません。





e0119122_166793.jpg

    カツレツ

    タヴェルナで食べるのは初めて
    一度、どこかでどうしようも無いカツレツを食べて以来
    拒否反応があったけど、、、、、払拭。。
    
    古典は古典にあらずで
    立派にメインをはれる、仕上がりでした。。。





e0119122_1691162.jpg

    あかんな~~
    最後の方はいっつも暗くなる
    

    タヴェルナ・・・・
    立地うんぬんでも、もう一歩、攻めれたら かならず、日の目を見るお店だと思います
    でも、そこを欲張らない所が実は好きなところかもしれません。。

    う~~mn、やっぱり、もう我儘はいいません。。
    
      
[PR]


    昔の風が感じられる所が好きです
    ありきたりだけど、やっぱり京都は素晴らすぃ~

    何がって聞かれると、U~~Nってなるけれど
    普通に民家の脇道とかをルンルン♪とよくブラリンコするだけ
    でも、なにかとイロイロと発見がある 誰も知らないような
    小さな和菓子屋さんがあったり、こんな所に?っていうぐらい小路地に
    お茶屋さんがあったり ホント ウッキウッキします♪

    住んでるはる人からしたら、どえらい迷惑なんでしょうが
    季節に一度は通ってしまいます。。。






京都・緑壽庵清水

e0119122_10572490.jpg

    衝撃のウマさの金平糖
    そりゃ行列もできますわね~

    なかでも、お気に入りは濃茶の金平糖 少し高めだけど
    グンバツに香る茶の香は
    浅い煎茶ともビッタンコで・・・・・

    年末年始は大活躍でおました。。





京都・○久小山園

e0119122_1124795.jpg

    少しずつ・・・・少しずつ・・・・小皿系が充実してきているでしょ・・・・。。

    フフフ・・・ちょっとずつ どっか行く度に気にいった物を買っています
    ほとんど安い物ばかりですが・・・・でも、こうして改めて見ると
    買った情景まで思い出すので、いい思い出と一緒に買っているのかなと
    思います。。。

    小山園の茶菓子
    抹茶クリームロールと松露です  松露はほうじ茶と抹茶の2種が入っています
   
    この松露、京都にはイロンナ和菓子屋で売られていますが
    小山園の松露は2種のお茶と珍しく、中々のお味で美味しゅうございました。

    

    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-01-17 11:13


    ラップして冷凍したご飯があるでしょ~
    それをチンッして、アチチでラップをこじあけて
    のりたまを少々、ごま塩を少々~、シャモジで混ぜ混ぜして
    ラップの上からちょっとイビツな三角にして、

    ホッホッっていいながら食べる

    ~~美味しい

    のりたまのすばらしい安定感とごま塩の風味
    うん!  星 ミッツ~です。。。






晩 かっちゃとーり

e0119122_15215564.jpg

    京都の祇園、三条と四条の間にある
    イタリアンリストランテ
    ここ最近、気になっていたお店
    晩は6000円と9000円だったかな~

    今回は9000円デギュで・・・頂です。

    今、イタリアンは素材勝負の風が強くなってきている
    トラットリア以外、コース設定のお店は1つ間違えると大変でしょうな~~





e0119122_15284587.jpg

    ホロホロ鳥のパテ ジャガにグラッパで

    パテは優しいお味 ジャガもそんなに主張はない
    アミューズ的にはこんなもんでしょう
    でも、少し皿的にも、パンチ的にも 印象が薄い





e0119122_15313775.jpg

    蝦夷鹿 インサラータ   ザクロ キノコ 紅玉 (オレンジとモスカートビネガー)

    ビネガーの使いがここのシェフの売り
    名店で培われた アイデアはやはり素晴らしく 皿にキッチリと反映されています
    でも、キットこの甘みと酸は好みが分かれる味でしょう。





e0119122_15371823.jpg

    三河産スカンピ

    こちらは今日の一番星

    まずは大きさ このサイズは食べた事がない
    それにガッツリ比例した、身の甘さ
    キュイも申し分なく ホロホロと蟹のようにくずれる
    
    このサイズで少し小さめをチョイスしたと言われていたので
    次回はその上のサイズを是非食べてみたい。。。

    しかし、旨い  ここまでの地が持つ馬力
    これなら、もう~塩もソースも何もいらないと思えてしまう。。
    素材ありきと言えど、矛盾はするが、シンプルも1つの強みって事なんでしょか。





e0119122_1543790.jpg

    普通の蟹みたいでしょ~~。。




e0119122_15433776.jpg

    タマネギ岩塩焼き  パルミジャーノ クレーマ

    アップでいっとく~・・・・



e0119122_15445358.jpg

    あんま映りよくないな~~

    中のグラタンはいい粘度
    アミューズだろうな~~





e0119122_1546447.jpg

    ストラデッテ  熊本猪とポルチーニのラグー

    ストラデッテ  トウモロコシの粉を使った手打ちパスタ
    多分 お初ですが・・・美味しいです。
    モチモチ感はそれほどは無いけど ラグーなど濃い系には
    ピッタンコでしょ。
     
    猪ラグー 美味しかった
    モウチト 角切りサイズなら、グラス二杯はいけます^^





e0119122_15502470.jpg

    ヤギ祭り
    
    北海道の乳飲み子ヤギのロティー
    部位は2・3種 違ったはず
   
    火入うんぬん 筋肉の質を食して欲しいの意向でしょうか
    それは食べてすぐ分かる 弾力とはじける噛みごたえ
    あまり食べた事のない食感です

    でも、ごめんなさい ここは自分的には
    上と少しかぶるが、煮込み系が良かった
    あの筋肉質は煮込みで力を発揮しそうな気がした・・・。。。

    でも、違う部位を味わえて 嬉しかった。。。





e0119122_15573989.jpg

    チーズ代わり




e0119122_1558677.jpg

    アップルなパイ



e0119122_15582947.jpg

    ミニャ~~


   
    祇園 素材 加味しても
    少し高く感じます
    基本ロティーで地の勝負は分かるんだけど
    そこに、もう1つ何かを感じ取れれば、印象はかなり変わってきそう~

    コースの設定は素材勝負だけに
    難しいだろうけど、あまり意図がないように感じた

    コース好きな人は・・・・・
    コースの構成に、驚きと安心感 その二つの中に安定感とノビシロ 
    そんなの求めていると思う・・・・
    それだけに、すこし物足りない感は否めない・・・あくまで私見的だけど。

    でも、はまった皿は段違いなレベル
    恐ろしい馬さでした。。。    
 
    

       
[PR]


    新年、明けましておめでとうございます
    年末と明けてからは、急遽ドタバタ・バタドタ
    顔見せできず仕舞いのところも多々・・・ 新年会で許してちょ・・・・だい
   
    話変わって、
    肉、当たった方~早く持ってきなさい
    準備万端ですから~~^^

    戻って~~
    今年はイロイロと忙しくなりそうな予感がたっぷりですが
    極力アップするよう、頑張ります
    ヨロシクお願いします。。。





ひわの蔵

e0119122_16102775.jpg

    年末は29日、仕事納めへのご褒美?
    飲み疲れた体を叩き起し、丹波は篠山市の丸山集落にある
    ひわの蔵で今年の垢を飲み落としてきました。

    つ~~か、なんていう素敵な場所
    集落は40世帯ほどで、道路は30メートル行くと無くなっています
    道は車一台通ると一杯一杯
    その脇には小さな小川みたいのが流れています
    ここに来るまでどういう所かしらなかったけど、偶然 必然?
    僕の理想な場所にピッタンコです。

    そんな場所でひわの蔵のシェフはビオな野菜を作り
    地産地消のレストランと共に町を作っていく、チャレンジハートだそうです。

    共感します。。。

    では~
    今宵は126のデギュ、スタート
    アッ、他は84です。





アミューズ

e0119122_16243593.jpg

    サザエ エスカルゴ風

    オープンキッチンからフワフワと伝わるいい匂いと共に
    カウンターの目の前で料理を組立てていってくれる
    至福の時
    
    サザエ香草
    二・三年ものぐらいかな~割としかっりしています
    アミューズ的には破格でしょう。
    味は少し濃い目のアセゾネだけど、香草としっかりマッチ チョベリグです。。。・・・。






アントレー

e0119122_16293610.jpg

    篠山地野菜 穴子のサラダ

    野菜はみぶなと赤カブ、菜の花ナド篠山の地の物
    ソースはアンチョビのソースとピスタチオオイルの2種
    アンチョビの苦味とピスタチオの香り
    ヴァポーレされた、レギュムが格別に一段上になる。






アントレー

e0119122_16332367.jpg

    住山牛蒡のポタージュ オン フォア・グラ・ショー

    住山牛蒡も地物だそうです
    ほぼスープではなく、荒くつぶしたピュレ状
    食感が程よく残る
    その少し淡白な牛蒡にオンは軽くソテーしたフォアグラ・ド・オア
    場違いな感じを始めは受けた 正直
    でも、エモユワレヌ ハーモニー♪
 
    最強 最狂 最凶、  旨し






e0119122_16393030.jpg

    この辺りでチリのカベルネ補給







アントレー

e0119122_16401482.jpg

    丹波きのこと蟹とオマール海老 蒸し

    コンベクションかな~~オーブンで蒸された
    容器ごとでてきます
    蟹と海老は出汁取りでしょう
    アセゾネは無く その味での勝負ですな
    究極は塩にあらず・・・・・
    少しづつわかってきましたよ。。






ポワソン

e0119122_1644072.jpg
    
    スズキムニエル トリュフ風味  芽キャベツとカブラの葉リゾット

    豪快なトリュフな数
    シェフは少し香の少なさにご立腹だそうですが
    まぁ~ま、ですわ~
    自分の目で確認できない物は大金出せないって・・・
    値段聞いて腰くだけそう~~。
    
    でも、スズキはさすがのキュイ
    フワフワでとろけるスズキはそこいらの白身の行きはトオに越えている。





クチトリ

e0119122_16482510.jpg
 
    カリフラワーマリネ
  
    しっかりとした酸
    この時はちょうどいい 






ヴィヤンデ

e0119122_16494174.jpg

    猪ロティー その脂の炙り焼き  里芋グラティネ・ワケギ・くわい

    コースが始まる前に シェフが一通りのメニューを言う
    その時最後に猪と言った時、歓声が二人からだが・・・・
    そう・・・そう・・・食べたかったんです・・・・いのしし
    
    待ちに待ちましたメイン
    部位は腹身とその脂の2種
    脂には和歌山の金山寺味噌をつけて食べる
   
    にしても、旨すぎる、酒が進みすぎる 危険で秀逸な一品
    ハムみたいな部位は繊細な火入~~、キチッとリソレされた肉は計算された
    ロティーへ、でガツリとルポゼ
    ず~~っとかじっていたい 魚肉ソーセージみたく携帯できたら夢心地・・・
    脂の部位はものすごい甘み
    やっぱり、猪は脂を食べる物、和歌山のお味噌がこれまた旨い

    私がたべたメインでは 一等賞でしょう間違いなく。。。
    それほど美味しかった。。。

    地物篠山の猪、今年も必ず食すぞ。






口直し

e0119122_1785297.jpg

    金柑コンポート




デッセール

e0119122_179343.jpg

    驚き
    自家製渋皮煮
    篠山で栗を買う事多々だけど、このでかさはみた事ない
    シェフはすこし自慢顔
    ウッウッ、~~でも、旨い。。





プチッとミニャ

e0119122_17113710.jpg

    こちらもシェフの手作り

    相方は冷凍卵白の話にくぎづけ。。
    にしても、ホント一人で全部作りはるってすごい。。。







e0119122_1714425.jpg

    ナイアガラのアイスワイン

    風味はそこまで強くなく 飲みやすいワイン
    有り難うございました~~ もう、残すは二杯程度です^^





大粋

e0119122_17155422.jpg

    柚子牡蠣

    コースとは別枠です
    にしても、ブレブレ~ご容赦

    柚子は完熟、牡蠣はレア 塩気はキャビア
    このサキ通うのが楽しみになる アミューズ、いや~、アントレー候補
    完成度隆志。。

    ホントによろしかったんでしょうか~~?
    アリガトございまくりです。



    以上 12600円のデギュスタシオン
    写真ブレまくりは暗さのせいにはしません
    次はキャノンで勝負します~~・・・・。

    この場所篠山
    今まであってもよかったであろうお店
    そんなお店が待望にできました
    まだ、方向性は万事定まっていない物の シェフの確かな技術と思いで
    そこがまた、楽しみでもあります
    
    次の再訪は凍結の恐れが消えてから 伺います^^。。。
     
    
    
   
 
[PR]
by kanon20020920 | 2010-01-05 17:32 | ひわの蔵