「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧



    昨日は徹夜でした
    年度末は大体、週1でこんな感じ・・・

    広い部屋で夜中に一人
    休憩休憩と、手元にはシルクなエビス  でも、
    気が張ってるから、味も良く分からない

    自分らしくって・・・・難しい。



e0119122_15274712.jpg

[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-25 15:29


    最近、筋肉痛が一日遅れでくる
    日曜日に両太ももに来た・・・・・金曜日か・・・・、何したやろ?

    飲み会楽しかったな~~
    でも、なんか筋肉いためる事したかな・・・

    100あれば、40ぐらいは覚えています
    後半戦は思いださない方が、幸せでいれそうなので
    とりあえず、自分に問いたださない様にします。

    セレブレートは最高でした
    今年のベスト3にはきてます^^

    あと・・・・コメは申し訳ない
    レシピ・・・・サンキュー。。






ララララ~~♪

e0119122_1428297.jpg
 
    載せるもんがないので
    以前にいった石川旅行の件をアップします

    お昼に訪れた、近江町市場
    海鮮ドンのお店がいたる所にあるけど
    あまり、得意ではないので、少し市場の入り口より南にある
    定食屋「たかむら」にぶらり・・・





e0119122_1431364.jpg
  
    お昼の定食は全部780円
    スズキの薄つくりや甘鯛塩など
    結構、渋いメニューに惹かれました




e0119122_14323185.jpg

    鯵シソフライ

    ザ・ベスト・オブ定食。





e0119122_14333896.jpg

    甘鯛塩

    780円にしては、秀逸です
    焼きも絶妙で、型が小さいので骨はきになるけど
    でも、いいお味
    ご飯がシャケワカメ・・・・うれしい♪





e0119122_14351490.jpg

    うん・・・いい顔
    シットリ美人・・・・旨かった。


   
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-23 14:37


    今年の花見弁当のおかずは、僕が担当です
    毎年そうですが・・・

    今回は何作ろ
    から揚げに、エビフリャーに、出汁巻きに、一口煮込みハンビャーグ
    ここまでは定番
    さて・・・頭をひねらないと。





3年ぶり

e0119122_16423964.jpg

    う~~ん、なんか絵が悪いなぁ~~

    尼崎にある、ケーキハウス庄谷
    最近は店舗数が増えたり、いろんなところに出店したりしているみたい
    やっぱり、生キャラメルは北海道でって事だと思うんですが・・・・

    庄谷クッキー・・・5種
    和三盆・きな粉・黒糖・梅・抹茶
    キラリンコは和三盆
    シットリとキメ細やかな甘みは、アーモンドプードルとの合性は
    抜群で、二乗の馬さ

    新商品の梅は塩気がきつ過ぎて、お茶うけにもならない。。

    庄谷の看板はフルーツを使ったタルト等を見せる
    ディスプレイにあると思う
    男の僕でも、もう一度行きたいと思ってしまうほどのまぶしさ

    先を見た商売は目がよくなくては、小山もしかり・・・・
    なんにしても、見せ方と独創性ありきって事でしょうな・・・。。

    にしても、タルトはホント旨い。。
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-18 16:56 | SHOTANI


    追記で・・・、
    申し訳ないMさん

    酔った勢いではありませんのよ(笑)
    前から考えていた事でして
    区切りがいいので、って感じです
    他にも理由は多々ありますが・・・・それはまた後ほどで

    オフ会は大賛成です
    関西圏ならどこでも、いっちゃう。。





あ~~麺~ま~~

e0119122_1610051.jpg

    年に一度もないだろう
    ラーメンを食べる事なんて
    
    元町の商店街の入ったとこの少し北側にある
    香港麺専家 天記
    聞いたことはあります
   
    用事がてら近くにあったので イン。





e0119122_16122476.jpg

    汁なし坦々麺
   
    すごく辛いけど いい?
    初めに聞かれる
    モチロン バチコンと返しておく

    辛みはそこまで辛くは無い
    でも、麻ーの痺れ、花椒が半端じゃない
    旨味ある辛みはすきだけど
    ここまで痺れがあれば 食えない。。





e0119122_16152084.jpg

    海老わんたん

    こちらはさっきと違って 繊細なお味
    わんたん云々 スープがうまい
    海老のエキスがしみだしていて 程よい甘みと香り
  
    スープと炒飯でも最高になりうる





e0119122_1617411.jpg

    ビールがほしくなる


    次があれば、蒸し鶏和え麺を食べたい。。。
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-15 16:19 | 天記


    今日は何のアップもありません
    暇児の独り言なので、興味無い方はスルーでヨロシク。

    今日で大体約、280件のアップとなりました
    2年と10ヶ月かかりました
    普通にしてはすごく遅いんだろうけど
    ギリチョンスで頑張った結果のなので、一応自分に言っておきます
    「痛みに耐えてよく頑張った」・・・・・古♪
    300件(3年)で1つの区切りにしようと思っています
    どういう形になるかはわからないけど
    ひとまずこのブログは終わりにしようって
    それまでは頑張りマチュ。。

    そうです、、このブログを見てくれている人はもう分かっているでしょう
    まぁまぁの酔筆です  が、・・・・・なにか?
    晩に書く時点で大概そうやね・・・。
    この後は、歯磨きして、ウルグス見てねんねです・・・・ウフ

    
        

・・・
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-13 23:43


    三日続けてのアップなんていつぶりだろう
    ビクビクします。






e0119122_15511248.jpg

    ヴァン・ド・ペイ・デ・ゴール ~08
 
    ボジョレーのガメイ
    造り手はマルセル・ラピエール

    見た目は透明感があって、色はうすくロゼっぽい
    味は、見ためとは結構のギャップで
    フルーティーだけど後味で少しスパイシーな感もある

    あわせた料理もいけなかったか
    自分的にはあまり、美味しくなかった
  
    同じ造り手、品種でロゼもあるが
    そちらの方はうまそうな感がアリアリ~ノ
    ・・・・どうでしたか??
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-11 15:56


    ブルーな気持ち・・・・

    朝帰り
    またも、サンチカで軽く迷う
    
    ようやく、家に帰ってみるとズボンから
    必要のない地下鉄の切符が二枚出てきた

    なんで・・・。





ランジュ・ヴァン

e0119122_15521397.jpg

    前に北野ガーデンで飲んだやつ
    結構美味しかったし安価だったので
    ワインショップに頼んで何本か入れてもらいました

    アンジュ・ブラン ~07
    造り手はランジュ・ヴァン (ジャン・ピエール・ロビノ)
    ロワールのシュナン・ブランです

    キリッと冷えているのも美味しいけど
    常温でまったりしてくると、柑橘系ではなく
    甘い花の蜜の香りがしてくるようにかんじる
    それが、飲んでいて重い料理にもわりと合う

    昨日アップした、レバーペーストとパテなどに合わしましたが
    結構いけました
    1本、1300円程度なので、デイリーな感じでは
    優秀じゃないんでしょうか。。。
    
    
    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-10 16:00


    春の三寒四温
    体調があまり優れない人も多いと思いますが
    皆さん大丈夫ですか?

    私の敵は今はもっぱら、ジュルジュル鼻水です・・・





メツゲライ

e0119122_16435572.jpg

    レバーペースト

    以前友達宅に行ったさいに、出てきたレバーペーストが
    忘れられず、晩のあてにといってきましたが
    その日はお目当てのペーストが無く
    こちらは代替品

    


e0119122_16464792.jpg

    パテカン

    高鳴る鼓動
    



e0119122_16472541.jpg

    パプリカ・イン・ソーセージ




e0119122_16491463.jpg

    カルフル・セーグルはコムシノワ
    
    友達宅で頂いた物と同じです
    このパンはドライフルーツがギッシリと入った田舎パン
    旨い・・・・ペーストとも合性バチコン

    パテはニンニクがかなりきつく
    合わない人も結構いるかもしれない
    
    ソーセージのほうは、ジューシーというよりかは
    肉肉の肉肉しさ
    断面を切って見ると、流れない肉汁
    湯がきすぎたかな?

    こんなお店が近くにあると危険
    毎週、キャーキャー言うてそう。。




e0119122_16573730.jpg

[PR]


    最近、朝の通勤途中 桜のつぼみをルンルルン♪と見ている
    まだまだ、小さく固いつぼみ

    周りに人がいない時、少しやってみたくなる
    「う~~ん、ばぁーー!!!」

    ・・・・・・トトロ・・・・・・・

    ちょっと早かったかもしれないから
    もう少し後でやってみる。。。






いかなご釘煮

e0119122_1634568.jpg

    いかなご釘煮
 
    神戸の名物です
    最近では知ってる人も多いかもしれませんね。

    この時季、神戸特に西の方ではこのいかなごを大体どの家庭でも
    炊いていて、それを知り合いとかに送ったりするのですが
    それは、もうは初春の儀式的なものになっています。

    それにもれず、僕も送り用と自分用にチコっと炊いてみました
    

    〈いかなご   1キロ〉

       醤油・・・・・250CC
   
       中ザラメ・・・・250g

       酒・・・・・・・・・100CC

       味醂・・・・・・・100CC

       土生姜・・・・・・70g程

     
     生姜以外を鍋に入れて弱火でざらめを溶かして
     軽く、いかなごをザルで塩をふって洗っておきます

     沸騰したらいかなごを少しづつ鍋に入れていく、生姜も少しづつ・・・・
     ごそっと入れちゃうと固まってしまうから・・・・・ダメ

     強火でたくさいにアルミホイルに箸などで穴を何箇所か開けておいた物を
     落し蓋にして、汁が吹きこぼれない程の強火で炊き上げる

     大体、20~30分ぐらいしたらアルミホイルが段々と下に下がってくるので
     火の調整は今までよりも少し強めにする

     また、ホイルが下がってきて、汁が少なくなってきたら
     ホイルを取り出し、中火ほどにさげて汁をなくすまで炊きあげる

     汁がかなり少なくなってきたら、新聞紙にひらげて
     ウチワで仰いでさまし、また違う新聞紙にひらげなおし
     ウチワ・・・それらを3回程繰り返す

     うん・・・出来上がり。。。

     だいたい、40~50分は炊きます
     よく、親とか知り合いにも
     出来上がりさめても、柔かいのはどうして?って聞かれますが
     
     それは、強火にこだわり過ぎで
     砂糖分と塩気がイカナゴに入りきっていない事
     アルミ箔を取った段階ではいそがずユックリと中火もしくわ弱火に
     戻し汁がなくなるまで炊く事と・・・

     アルミ箔をかぶしている時間をきっちりと取る事
     それは、吹き上げている泡が全体に行き渡る時間を長く
     したいから・・・・
   
     そんなとこでしょうか。。
 
     それをきっちりとすると、炊いてる途中から固くなってきます
     冷めたら固くなるってなモンでもありません。。
     これはあくまで僕の持論ですが・・・・・
     困っている人は試してください。。。

     
     今回炊いた出来はまぁまぁでした。。。



e0119122_1658565.jpg

    うん・・・・いい腰づかい

    
  
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-04 17:02


    日本語が乱れていると注意を受けました
    では・・・・、

    ジロール茸からキノコ、そしてマリオと呼びましょう
    
    これなら、文句ないっしょ・・・ちゃう~?






食のテロワール・・・・・篠山

e0119122_1540225.jpg

    雨吹き乱れるこの前の金曜日、篠山にブルルン♪

    気温が上がり、凍結の恐れは無いのはいいが
    どうして、こうケジメの日は雨ばかりなんだい・・・?  相方・・・・・と、
    心で思うことにしている、最近は。

    さて、
    丹波は篠山、ひわの蔵
    この日が二度目の来店です

    以前にも書きましたが
    このお店の立地は少し行くと、山に突き当たり道も無くなるほどの
    強烈な個性(テロワール)をもっていて
    そこで、シェフはビオな野菜を作り、至高のフレンチを提供する
    フレンチ・リストランテでございます。

    ・・・・・やはり、共感シマクリングです。






アミューズ
e0119122_15502072.jpg

    篠山鹿 リエット

    ビールのおつまみとデギュの顔を持つのは 今回はリエット
    地元篠山の個性、今回はう~~ん、30代後半の女性が持つ
    独特のイヤラシサ♪
    ・・・・・好きです。

    塩は薄く、肉肉しさとジビエの風味が残っいて
    ピンクペッパーがそれらをキリッと1つに引き締めます
    
    仰々しさや御託どうでもいい
    旨いものを食べにきた 期待感がたかなるエロス
    ・・・・にゃーー♪。。。






アントレー
e0119122_15585534.jpg

    白い野菜の蒸しサラダ オン フォア・グラ・オア・ショー

    野菜は、レンコン・カブ・カリフラワー・ブナピー等
    緑が一閃ワケギ
    皿との合性がキラリンコ センスが無い私には斬新です。

    レンコンはさくさくとホクホクの中間
    フォアグラを取り巻く野菜は食感がどれも違って
    それゆえにフォアグラが引き立つ・・・・・ニャーー♪






アントレーー
e0119122_1664519.jpg

    春野菜と帆立 ア・ラ・ナージュ

    貝類の軽いフリカッセ・泡仕立て そんな感じ

    帆立は見た目よりはかなり大きく、エスプレッソのカップの
    一回り下って所
    火入れは帆立ではお初、ナイフで断面を見てみると
    白い層の次に淡いピンクの層がある
    う~~ん、ビアンコ♪
    
    素晴らしく旨い。





e0119122_16142194.jpg

    無くては成らない物

    ブルゴーニュ・ピノ   オート・コート・ド・ニュイ ~06
   
    ドメーヌ・グロ・フレール     ・・・ピリピリ。






アントレーーー
e0119122_16152689.jpg

    フランス産ホワイトアスパラ  ヒイカと共に

    どこでも、グリエではよく見かける ホワイトアスパラ
    ここではポシェ・オンリー
    
    ネギを炭火で焦げるまで焼いた物の芯のあの甘さ
    そう!あの甘さの質、
    トロ~~としていて、ネチ~~としている
    これは、グリエでは出ない甘み・・・・パルフェ
    ヒイカもそれに負けない個性 合性も文句なしです。






ポワソン
e0119122_1621538.jpg

    ヒラメのベーニエ 山菜里山仕立て

    この辺りから毎度、写真が怪しくなってきますが~~^^

    今日1のキラリンコはこのお皿

    ヒラメの中に蕗の薹、それを卵白と粉(ベーキングかな?)につけて
    揚げてあります
    周りの山菜は、コゴミ・タラの芽・行者にんにく・菜の花・タカナの新芽
    ソースとしてホタルイカの香草ソテーとうすい豆の粉末と
    カラスミの粉末を付けて食べる   

    淡白なヒラメに蕗の薹で香りを与え
    ソースのホタルイカは旨味と苦味
    うすい豆と塩の粉末で甘み
    カラスミでは、渋みと塩気

    これぞ、食のテロワール~~
    いや、軽いキュイジーヌ・コンテポレーヌ
    秀逸・完璧な出来・・・素晴らしい
    そう、この個性を食べにきているんだ。





口直し
e0119122_16344071.jpg

    人参ちゃん まりね  フルーツトマト

    1本でもに~んじん♪






ヴィヤンデ
e0119122_16362222.jpg

    篠山鹿 ロティー 
 
    モモ肉の芯でしょうか? 
    にしても、いい部位です

    ソースは赤ワインベース
    
    キュイソンはシェフイワク、血が滴るぐらいが旨い
    ギリギリのキュイソン・・・うん、旨い
    箸でも、切れそうな程の柔かさは鹿では出会った事はありません
    独特の臭みも全く無い
    どこかで食べた鹿のせいで、敬遠がちになっていたけど
    これで、やっと奈良にいっても、嫌な目つきではなく
    旨そうな目つきでみれます。






ヴィヤンデ
e0119122_16413670.jpg

    篠山鹿 煮込み  リンゴ添え

    シェフ・・・・
    肉、二皿は今までいろんな所に行ってきましたが
    お初です・・・・・・・・・ガハハハ^^

    そんなサービス精神盛りだくさんのお皿は
    部位を変えて、すね肉の煮込み
    ホロホロととろけるようなスネ肉の繊維質は
    ガッツリ旨味の乗ったソースと絡まって 前の皿とは違う美味しさ
    鹿も、
    リンゴコンポートはこのソースの旨味を最大限に吸って異次元の馬さ。
  




プレデセ
e0119122_16482589.jpg
  
    苺のマセレ 木苺のソルベ

    マセレとはマリネの同義語
    砂糖漬けの事

    木苺ソルベ オソロシイ 酸っぱさ
    ス~~パァッ。






デセール
e0119122_16523384.jpg
 
    牛蒡アイスクリーム
    牛蒡タルト
    杏アクセント チョコケーキ

    牛蒡アイス、二回お代わりの相方

    Sさん・・・・
    帰ってからも、お茶の話でキャーキャー言うてましたよ・・・^^ 






ミニャ
e0119122_16551765.jpg

    苺ミルクのマカロンとフィナンシェ

    まだ、バターは回りきっていないが
    焼ききった感のフィナンシェ 旨し。。

    



    ひわの蔵~~~、

    ポワソンとヴィヤンデ、この二皿がしめるウエイトはかなり大きい
    どこに行ってもそうだけど
    なかなか、二つ揃ってとなるとあまり見当たらない
    
    その中で、12600のコースでこの質
    高いか低いかは、今の私には答えてはいけないものだと思うけど
    それらを抜きにして感動できる思い出を作りにいっている
    そう思わしてくれる料理に敬意を払いたいと私は思っているのです。。。

    次はマリオも一緒で、
    やいこしさ倍増ですが
    どうか、ヨロシクお願いします。。。


    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-03-01 17:14 | ひわの蔵