「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧



    随分とご無沙汰していました・・・
   
    年度末と新年度明けはいつもこんな感じでちょっと多忙に
    なるので、しばらくはゆる~くやっていきます

    そうそうこの前、ラングロールのピエルショー06を飲みました
    南国の花の香り、旨かった。。しかも安かった。。。






レギューム・グー
e0119122_13504322.jpg

    大阪は高槻駅から徒歩10分ぐらいのところにある
    フレンチです

    コースは三通りで、5700・6600・10000
    6600でフルコース
    10000は前日までの予約でデギュ
  
    シェフいわく1万は修行みたいなものだそうで・・・
    次回があれば是非一万でって言うと、一年後まで待ってくださいって
    メニューにあるやん^^





e0119122_13545639.jpg

    マダムのセンスかな
    この日はマダムナッシング





e0119122_13554835.jpg

    モルツ泡
    エビス鯛の方が好き





e0119122_13563360.jpg

    アミューズ  稚鮎フリット トマ~ト、蕗の薹、開いたタラの芽

    内臓がトロケル火入れ
    グー・グ・グー。。




e0119122_13592828.jpg

    前菜   レギュームパラダイス^^

    ポシェットレギュームとでもいいますか
    シェフ何て言ってたけ~~
    忘れた・・・

    ガルグイユてはいわんってそりゃそうさね
    プライドはダレでもある

    軽く30~40の野菜は使ってありそう
    1つ1つ違う手入れ尊敬する
    でも、まとめて上からの柑橘系のソースをかけているのは
    いただけない
    もう少しシンプルでレギュムだけでもいいかもしれない
    味が雑になっている





e0119122_1445058.jpg

    コンフィっすか
    ・・・イカしてる




e0119122_1455549.jpg

    前菜   牛蒡でフォア

    遥かに蔵には及ばない
    牛蒡が薄い。。





e0119122_1472438.jpg

    私の血はワインでできているの・・・・・・・

    僕は最近ビール色の血です

    ヴァン・サン・フライト フレイツってフランス読みかな

    04・ピノ この前クリュ違いを飲んだけどそっちのが旨かった





e0119122_14103818.jpg

    魚   金目パリパリ鱗 サフランの香り

    アサリは殻付き ムールは殻なし
    アサリは花弁か
    ムールの黒は花を汚すしね
   
    シェフいい感じの皿です
    僕にはマーガレットにみえた^^



e0119122_14151765.jpg

    エビちゃん好きです
    モエちゃんよりは

    


e0119122_14162147.jpg

    肉1   モモ・ヴァンルージュ

    肉は三~四種から選ぶ形
    
    あまり煮込みは食べないけど
    この前羊食べたし
   
    カボチャのピュレかな
    いい合性で淡白な繊維質が一掃する





e0119122_1419185.jpg
  
    肉2   カナールロッティ シャラン

    ボリュームがすごいね
    食べきれないや 普通の人は・・・・
   
    私はモチでバチでカンショクですが、普通の型は
    5700のコースのほうがよろしいかと思います

    1200えんアップはボリューム
    内容は、チトビア~ン
    でも少し物足りない、なんだかずっと野菜を食べている感じ
   
    


e0119122_1423948.jpg
  
    プレ  柑橘ゼリー レンズ煮込み添え




e0119122_14235653.jpg

    GFテリーヌ




e0119122_14242066.jpg

    BANANAクラフティー

    バナナでかすぎ
    ここにきて、1本分かーきついな~~^^
    いや、旨いけど



e0119122_14252828.jpg

    プティ   マドレーヌ・フィナンシェ・アメ菓子・キャラメル



    安いはっきり言って
    6600円が断然お勧め
    腹に自信のある人は・・・・

    毎年10%づつ値上げしてるって聞いた
    それはいかがなものか
    そう言えば去年は6000円のコースがあったような気がする

    結構ストイックなシェフだけに
    腑に落ちない点が2・3
 
    サービスは良くない、ドッチかというと悪い
    サービス料を取ってない郊外のレストなら仕方なく思うが
    その悪さに気づいてキッチンで注意しているシェフが見えるだけに
    もっと徹底したほうがいい
    ~~波波とワインつがれたり、シェフがキッチンから気づいて
    わざわざ入れに来てくれたりで・・・てんやわんやですな。

    ・・・・コースで4時間
    僕は気にしないが、お酒を飲まない方などはかなり辛いだろう
    サービスの気遣いの悪さも手伝って、モット遅くなっている
    マダムがいればかわるのかな

    にしても、充分な魅力を持っているだけに惜しい。。。
    

       
[PR]


    つい最近、イタリアンのコースを家で
    久々に作ってみました

    前菜はおなじみの帆立カルパッチョ
    プリモは手打ち、タリアッテレ ブロコッリー軽いルージュ
    セコンドは、ビステッカ バルサミコとジュのソース

    カルパッチョのソースは
    オイル(ベルトーリ)3に、レモン汁1、シロネギのみじんぎり少々
    玉葱みじん切り(水さらし)少々に、レモンゼスト、塩
  
    麺はセモリナは00粉の半分目安
    一日置 
 
    ビステッカはリソレ後、ロティー220度で13分
    30分ルポゼ・・・・
    キュイはまぁまぁでも、休ませすぎで冷めた感がある
    オーブンの上でバットで休ませた方が良かったかも
    次は10分でいこう。。
    
    久々にしては上々でしょう、自分には甘いもんです^^




ヴァン・ルージュ
e0119122_1641642.jpg

    プティ・ジョー 07
    
    ローヌでグルナッシュ 90 シラー10
    造り手はロッシュ・ビュイシェール
  
    微発泡で、果実味が強くゴクゴク行く感じではないけど
    二日目は泡が消え、甘みが強くなり
    一日目よりは、美味しく感じた
    1600円では優秀でしょうさ。。





vdtルージュ・ロルム 07
e0119122_16452394.jpg

    ブルゴーニュ  ピノ80 ガメイ20
    造り手は、アレクサンドル・ジュボー

    ブルゴーニュのピノ感 ピリピリは少ない
    果実味よりは、酸味が強くかんじて
    なんだか、薄い飲みクチ
    あんま好みじゃない

    やっぱ、今の所、アルザスのピノ派から脱却できていません^^
[PR]
by kanon20020920 | 2010-04-14 16:50



    遂に実家の庭のチューリップが咲き出しました
    冬前に植えた ビオラはもうすぐ終わりだけど
    交差する季節感・・・・・うん、いい感じ

    牡丹も一輪、咲き始めています
    いつもより、少し早い感はありますが
    今、実家の庭は色トリドリの花で埋め尽くされています^^





サクラ
e0119122_16361461.jpg

    昨日の雨が花散らしでしたね
    でも、今年は結構長い方だったと思います
    お陰で、何回も誘われましたが
    今、そんな余裕はありません・・・。




e0119122_16383825.jpg

    やっぱり、白の方がいい匂いがする。

    来年の花見はハチャけるぞ。。。
[PR]
by kanon20020920 | 2010-04-13 16:39


    最近、事務のオバチャンに週2の割合で
    よく言われます

    チャック開いてるで・・・・
    
    気を付けてんねんけどなぁ~~
    モチロン、通勤も全開です。





ノッ蔵アウト
e0119122_16371236.jpg

    まずは、ビールからスタート
    で・・・1本目の白は最近お気にの ジョスメイアー 00
    ピノ・オークセロワ “アッシュ” ヴィエイユ・ヴィーニュ
    軽い貴腐系ですか・・・・冷やしてもなかなか
    でも、いいんですか?  アノ値段は破格ですよ。。。


    ひわの蔵、三度目の来店
    2ヶ月に一度ぐらいの割合でしょうか
    にしても、三度目・・・・を終えても、惹かれる魅力は衰えがありません。

    これから何処に向かうのかが楽しみで夜も眠れません^^





e0119122_1643162.jpg

    アミューズ  真キスのフリット わけぎと共に

    淡白なキスにワケギの個性
    うん、今回は熟女の香り 嫌いではありません
    ムギュの顔は、ある程度のエロスが必要
    充分なエロサです
    



e0119122_16455659.jpg

    アントレー  フォアグラ レギュム アンサンブ・レ

    軽いガルグイユ
    いいすぎか?
    でも、野菜を美味しく食べるはポシェで
    そう考えるといいすぎではありません。

    今回は全般で、タイミングが難しかったですね 
    それを抜きでも、問題はナッシングです。





e0119122_16492497.jpg

    アントレーー  うすい豆フラン ヨモギポタージュ 雲丹と泡

    季節がバンバンの皿
    ヨモギの香り、豆の甘み、雲丹の塩気
    絶妙なマッチング
    際立つはヨモギ、クチに入れた瞬間に溢れる滋味な香り
    でも、全体を見ると ポタージュはもう少し濃い感が良かったかもしれない
    豆がういていた。

    でも、素晴らしい皿。。





e0119122_16554684.jpg

    ポワソン   鯖ポシェ 新タマネギの香り ナージュ

    僕の中ではこの皿が キラリンコ
    鯖は一回臭み抜きで〆てあるはず
    その酸味とタマネギの香りが
    鯖の脂分を綺麗に流してくれる
    下のキャベツはアクセント
    
    この鯖、紀伊水道のものかな
    今の時季でこれほど脂がのっているもんなんですね
    
    この料理、フランスの郷土料理、マンマな味だそうですが
    ここまでだと、和もタジタジですな。。





e0119122_172014.jpg

    2本目を注射 
    この日はよく飲みました
  
    すみません、次は早めに帰ります^^





e0119122_1731716.jpg

    ポワソン2   スズキポワレ キノコロティ

    この日は、ポワソンが2、アントレーが2
    いつ来ても、楽しめます。。

    キノコはモリーユに、椎茸、舞茸
    スズキは裏旬は過ぎてるはずだけど
    いい脂ののり
    




e0119122_1765225.jpg

    ヴィヤ~~ン  NZアニョーロッティ

    ガルニは贅沢に・・・雪ノ下フリット、筍、白菜の新芽、にモロモロ
    アニョーはギリギリッソン
    どうしたらこんなキュイがだせるんだろう・・・
    いつも、家では失敗つづき・・・。

    最近特にNZ産のアニョーの質が上がってるとききました
    確かに・・・旨い
    単品の香りは薄い柑橘系をおもわせる
    いい物を食べてはるんでしょう
    

  


e0119122_1712345.jpg

    ラデッシュ マリネ
   
    土のいい香り。




e0119122_1713137.jpg

    フロマージュ

    

e0119122_17135746.jpg

    文旦といよかん  ミントソルベ



e0119122_17143160.jpg

    チョコアールグレイ・桜のムース・バニラアイス
 
    桜のムースは絶品、アイスはバニラですな~やっぱし^^


    ミニャは取り忘れ・・・・・食用ほうずき・マカロン
    今回は特に遅くまで有難うございます
    あと、気遣い申し訳ありませんでした・・・・・・、
    
    にしても、いい時間
    カウンターで待っている時間は至福のとき
    火のいれよう、ソースの作り様
    いい香り、温かさを1つの皿に組み立てる
    それを見てはグラスをちびる
    最高の時間です

    地産の物に目を置くと
    特にポワソン、ヴィヤンデは
    今からどう変わっていくか
    それ次第ではムギュ自体が、一段も二段も上のクラスになる
    改良の仕方はいくらでもあるだけに
    楽しみなこれからです。。


    次はハトだそうですよ
    昼も一度伺います・・・・大丈夫はやめに帰ります^^・・・・・。



    
    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-04-08 17:26 | ひわの蔵


    10年程前、勤めていた会社の上司に言われた言葉
    その言葉は今も僕の指針になっている

    人に対し、気を使っているだけでは二流
    人と対し、気を使わせない
    そういう真を見る目を持て・・・・・・と

    気を使って、それに気付いて感謝されるのは
    自己満足
    本当に思いやる気持ちは 気が付いて貰えないぐらいが
    相手はちょうどいい
    そんな説明を貰いました

    今の僕に出来ているだろうか・・・
    たまに、フトそんな事を考えたりします。。





静静と
e0119122_15464366.jpg

    これも去年に行った石川旅行の時のものです
    永平寺・・・確か福井県にあるお寺
    以前から行きたかったお寺のひとつ

    入るとまず、お坊さんがお寺の回り方を
    詳しく案内してくれます




e0119122_15472689.jpg




e0119122_1555234.jpg

    靴を脱いであがると
    埃ひとつ落ちていない綺麗な廊下
    階段も輝くほど 磨きあげられている



e0119122_15571887.jpg

    訪れたのはこんな時季



e0119122_15575157.jpg

    見学の最中も所々でお坊さんが修行されてます
    邪魔にならないように
    コソッと・・・・



e0119122_1559770.jpg

    行く年来る年
    いつも見るときは雪が一杯詰もっていて
    人が沢山いて
    なんで・・・こんな寒いのに こんなにいてんやろうって
    思うけど、実際に見てみると
    感想は全く違う訳で・・・・・




e0119122_1614098.jpg

    抜けた感じ何だか分かりますか??

    何故あそこがスリへっているのかも・・・・

    残っている漢字を想像したら大体わかるかも・・・^^

    いいとこでした永平寺
    出来るなら、雪が積もっている時 僕も煩悩を取り除く鐘を
    鳴らしたい。。
[PR]
by kanon20020920 | 2010-04-01 16:04