<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧



    趣向を変えてのアップは時期尚早って事で
    来春をメドに載せる事にします、春を楽しみにしてて下さい
    用意は整っとんやけど、まだな気がするもんで・・・

    今年もホントいろいろな方々にお世話になりました
    誠に有り難うございました
    で、来年も皆様 ヨロシクお願いしますね!

    うん・・今年はこれで終わり

    バイバ~イ。
[PR]
by kanon20020920 | 2010-12-30 22:18


    ヒシヒシと年末やね~
    こんなに寒い年の瀬もあんまり記憶に無いな~

    いきなりやけど・・・
    この前、近くのドラッグストアをブラブラしとったら
    ヘパリーゼの進化版?、ヘパリーゼHIを発見
    思わずワッ!! って自分の声にビックリしたわ~ていうか、
    隣でエスカップ買っとた人、驚かしてすんません。
    超テンションあがった~~、一本450円で三本で980円
    即買いの2セット これで年末飲み放題やん~~みたいな!
    そんな言うとる今も、チト二日酔いやけど・・・。

    ふんでもって、次回で今年も書き納めになると思うけど (多分)
    少し趣向を変えてみてのアップにする予定
   
    一応、念のために言っておきます・・・良いお俊夫。





Le Bourgeonement ?
e0119122_1645185.jpg

    ・gelée de celéri
    ・tartare calmar
    ・gougères
    ・patate douce
    



・cresson et tourteau oursin
e0119122_16121218.jpg

    スナック類は、ほんで・・・みたいな感じでしょうか

    ユニッソン・デ・クール 
    先週の初めぐらいやったかな~ラ・シームの後での・・・・お任せディネ
    サービスの質の割には、箱広すぎるんちゃうって所からのスタートです





・foie gras mi-cuit et flan , compote de la pomme
e0119122_1620449.jpg

    ファオグラ

    前菜の一発目です
    エロエロ感がビシビシ、フランにいたってはホボ裸の丸見えちゃうん
    みたいな・・・わかる?
 


e0119122_16245511.jpg

    Geraed Suhueller et Fils / Riesling Bildstoeckle 2003

    

・huitre , citron-sauvage couteaux
e0119122_1722229.jpg

    厚岸牡蠣 

    キャッって言いそうになるほどに、かわいいね
    牡蠣の下には、ジュレみたいな、シートみたいな野生のレモンがあって
    皿のエフェクトはしっかりしている





e0119122_16363011.jpg

    périgueux truffe 

    こんなんでてきました




・ravioli d'une escalope et le champignon
e0119122_16393086.jpg

    ペリグー黒トリュフ ラビオリ

    ユビオリ数えて、あと4日やね~楽しみやね~正月。。




e0119122_16544649.jpg
 
    Geraed Suhueller et Fils / Pinot Noir 2008

    泡が落ち着いた時の異様な旨さはヘビー級





・ris de veau , crèam de homard
e0119122_1741266.jpg
 
    山形 リー・ド・ヴォー 

    ダントツで今まで食べた リー・ド・ヴォーの中では一番の素材
    最上質なコテッチャンとアカセンのええトコどりみたいな食感
    素晴らしく旨い、紅芯大根もええアクセント




・troncon de pampus , betterave , fenouil , petit paquet des èpinard
e0119122_17144181.jpg
 
    泉州マナガツオのトロンソン 




・rôti de pigeon ramier , cho-braiser , sauce cognac
e0119122_1718582.jpg

    山鳩 

    いい火入れ にしてもアピオスはやっぱ旨いな~。




・cuisse de pigeon ramier , rizotte
e0119122_17212939.jpg

    ピジョン・ラミエ リゾット

    最後に米が出てくるとは思わんかったな~
    キュイスと関節部の臭みも全くなく、ええ感じ。




・granite de framboise et griotte
e0119122_17571666.jpg

    フランボワーズとグリヨットのグラニテ




e0119122_17335410.jpg
 
    甘コクでチーズ〆




・fondant au chocalat
e0119122_17312277.jpg
 
    シェフこの時の訪問はまずいっしょ
    一大イベントやのに~~(笑)




e0119122_17323477.jpg
 
    きゃわいい




・mignardises
e0119122_17325171.jpg



    ユニッソン・デ・クール
    現代フレンチの主流、少数多皿 見事ですね
    でも、全体的に見て私の中では、それほど高い評価ではありません
    それは、驚きが無かった事・サービスの質、他他。

    デート使いには、いい感じポイですけどね。。
    

       
     
[PR]

    もうすぐ年末ですね
    あっちゅう間やね~~一年過ぎるんわ
    でも、今年の一年はとりわけ大事な一年と私にはなりました

    みなさんは、どうお過ごしでしょうか・・・なういあー。





Déjeuner d'Alsace
e0119122_16171735.jpg

    deux bière ウィ~~、お昼から何やっとねんみたいな声は無視

    大阪は中央区瓦町にある フレンチ
    4850円のランチ お昼はこれ一本だそうで・・・
    では~~・・・



分解
e0119122_16193787.jpg

    タルトフランベ

    後にみえるはチップ、、生地ってとこかな
    白色はフロマージュのベース、中にインはベーコン
    エミュルジョン・オニョン
    想像力と頭の引き出しをフルに回転ささんと、ついていけんね。。




再構築
e0119122_16283760.jpg

    シャルキュトリー クロメスキ シュークルートソース

    秀逸
    コロッケの中は豚さんのオンパレード
    これぞ、réinventer




e0119122_16315253.jpg

    きゃわいい




食刺
e0119122_16332923.jpg

    ビールのスープ

    エッセンスは後にチラッと見える小瓶
    ビールの苦みが詰まった魔法瓶

    トピナンブールとビール相性が素晴らしい




川趣
e0119122_16354356.jpg

    鱒・リースリング

    シャンピニオン・ド・パリ、ナヴェとポムヴェールのラペ
    ソースは、クリームとリースリングを煮詰めたことによって
    チーズを入れたかの様な爽やかな酸味とコク
    
    何より、火入れとカブ・青りんごの食感の差が見事




合成
e0119122_16444194.jpg

    ベッコフ ラシーム風

    羊・豚・牛の合体肉
    なんじゃこれ・モチロン初めての経験


e0119122_16455153.jpg

    左から・・・豚・羊・牛
    
    面白い、でも、活きていない




温沁
e0119122_1654156.jpg

    バン・ショー  ブリオッシュのベニエ

    ビニエ シベレルエ (ムリクリ・・・笑)




完成
e0119122_165647100.jpg

    クレーム・スペキュロス コルネ

    いや~~すごいね!
    デセールのこの完成度
    なかなか、無いんちゃいます、ウルサイ相方も口半開き。。

    う~~ん、アルザス・・パルフェール




プチッと ミニャッ
e0119122_17105.jpg

    ベラヴェッカ・パンダニ

    ベラヴェッカ・・・アルザスのクリスマス定番発酵菓子
             ポワール・ドライフルーツ・ナッツ系がイン
             アクセントでシナモン、アニスも入る

    パンダニ  ・・・アニス香が強い、焼き菓子
             モチ・アルザス定番菓子




    ラシーム・・・
    このコースで、4850円
    高いと思うか、安いと思うかは人それぞれですが
    私は、均等がとれていて丁度いいと思います

    月イチでフランスの郷土料理を提供されるのは
    素晴らしい情熱と心意気があっての事だと想像します

    1つ・・・思うのは
    もう少しメニューを簡略化して間口を広げてもいいと思う・・・
    また、晩にも伺いたいお店です。。
        
    
             
[PR]
by kanon20020920 | 2010-12-22 17:43 | La Cime


    この時期ホンマにフル回転するんは、ヘパリーゼ!
    天敵の二日酔い、軽かろうが重症であろうが這いつくばってでも
    仕事にいかんとあかんし・・・そんな時に後悔する前にグビッといっときます
    結構、きくよ。。




神戸 pâtisserie
e0119122_17294962.jpg


アルマヴィーヴァ
e0119122_1772596.jpg


B et R & マロンノワゼット
e0119122_1774563.jpg
 


    神戸の大丸の少し北にある、パティスリィー
    生地にこだわるお店・・・、1つ1つのケーキに
    スポンジを別々に作ってるそうです
    すごい手間がかかるみたいで、そういう事をしているお店は
    なかなか無いようで・・・作り手の真摯な気持ちが伝わってきます

    基本甘いのはあんまりですが、 
    好きなのは、シフォン・カトルカールにタルト
    自分でも矛盾しとるとおもうけど、案外コテコテのが好み

    今回のあたりは一番上の、アルマヴィーヴァ!
    一瞬、ル・プレジールのプレジール・シュクレ(確かこんな名前)
    を思い出した。
    今まで食べた中で一番のケーキはと言われたら、
    そのプレジール・シュクレ あれはホント傑作
    それには及ばないけど、なかなかに美味しかったですよ~~。。


    
       
[PR]


    毎日、鉄板を録画して一週間分まとめてみてるんだけど
    一回15分やけど、あっちゅう間に終わるからやっぱ面白いんやと思う・・・
    赤井以外の不細工な関西弁もそやけど・・・おのみっちゃんの尾道弁も
    なんか聞いとってなんでやねんってなるよね~
    
    にしても、あれは一週間まとめて見ると、毎回大波小波があるから
    チョットしんどいな~~。




ブッルスリ~(アチョー)・・・今日なんか変なテンションやわ~・・・。
e0119122_1649377.jpg
 
    神戸・磯上にある、ブラッセリー・ラルドワーズ
    オープンして4年とチョットかな
    にしても、いつも活気があるみたいで、えらい女性層からの人気は高いらしい

    この日は雨降る降る、午後1デジェネ
    ランチは2種で1500・3500・やったかな
    前記のほうで・・・




maquereau
e0119122_16535034.jpg

    マクローとサクラダイコン、両者ともにいいマリネ
    1500円の前菜としては秀逸。




huître gelée de algue
e0119122_1733975.jpg

    前菜・スープ・メインの構成でスープ以外はプリフィクス
    こちらは600+で牡蠣
    
    エシャロットとマンゴーのアクセント
    


e0119122_176437.jpg

    海藻のジュレは、バチコンサレ




patate
e0119122_1775039.jpg

    チトぬるい




fricassée
e0119122_1795094.jpg

    手羽元ブレゼ




cuisse de bœuf
e0119122_1714891.jpg

    +1000円の威力 
    牛のマリネ・55℃のコンフィ
    
    ポワローの炭の意味はよく分かりませんが、エロスが漂う皿
    フォアグラ・これはカナールかな、これはソースとして使ってるけど
    この感じやったら、小さいポーションでもええから
    ショーでいったほうがええんちゃうかな~。



    デザートはナッシン・〆はエスプレッソで・・・・
    オープンして5年目、この混雑ぶりはよくわかる
    +αになるメニューが多いけど、1500円でこのコースは充分価値あるでしょ
    一人はプラスで合計3000円超えたけど・・・(笑)
    
    夜もプリフィクスなんかな~
    ディネのメニューが黒板に書いてあったけど
    結構、魅惑なメニューがチラホラ、晩にカルトでいけるんやったら
    かなり、ありとちゃいます
    多分、プリって聞いた覚えあるけど。。。


    
   
[PR]


    とある日、
    三宮の繁華街の横断歩道に通りかかった時、青信号がパッパッと点滅
    所用もあり急いでたのもあるが、モチロン、ダッシュ・・
    関西では黄色は走れと教えられてます (嘘です)
    
    真ん中ぐらいまで来たときかなぁ~、いきなり後ろの方から大声で
    OUT・・・!!!
    少し間があって、また・・・OUT・OUT・・・2連チャン!!!
    訳が分からず、後ろを振り返ると、警察が横断歩道の入り口付近に立っていて
    ドヤ顔で、グーの形をした腕を私に向けて、今度はゆっくりと
    O・U・T・・・・。。

    なんやねん、、アウトって・・(笑)
    まぁ、セーフでもないか・・・。




bourgogne
e0119122_17451654.jpg

    夙川・西宮は寿町にある ル・ベナトン
    やっとこさ、お昼にお邪魔です

    オルフェにあって、うちに無い物は そんな所でしょうか
    基本、有り無しは興味もないですが
    理由ならあると思います。。




e0119122_17471734.jpg

   coca  爽やかに弾けます

    


e0119122_17491886.jpg

    moules an vin blanc

    今回は4800円のコース
    アミューズ・前菜・魚・肉・デザート
    基本プリフィクスで、ポタージュは別途です。



e0119122_17502682.jpg

    saumon mariné et avocat mousse en carré

    サーモンの軽いマリネでアボガドが活きている
    強い食感が欲しい所、大ぶりのカットだけではきつい。
    でも、前菜にして心躍る皿




e0119122_175537.jpg

    flan de champinion

    主役間違えた。。
    フランの濃度はエ好み~




e0119122_17564855.jpg

    carotte en capuccino  parfum cumin

    クミンが素敵



e0119122_1759727.jpg

    vapeur de daurade purée de l'ail

    しっとり美人タイ。



e0119122_181544.jpg

    poisson du printemps croûte de chorizo

    ピカッ~Plat du Jour
    シート地のチョリソーは、チーズとパン粉がイン
    サゴシの下にはリゾットとガルニはレンコンチップとアピオスかな
    ソースは無いが、チョリソーの風味が強くこれだけで充分
    素晴らしきかな、地中海(笑)




e0119122_18134133.jpg

    boeuf bourguignon 

    少し濃ゆい



  
e0119122_18153779.jpg

    オペ入ります



e0119122_1816561.jpg

    gibier  grouse rôti sauce poivrade

    プラスαの価値がこうなりました
    ロニョンまでが入ってます、スッバラスィ~

    でも、問題は火入れ
    かなりのミキュイ・・・まだ身の部位はいいんだけど、ここまで来ると
    関節部の臭みはダイレクトで見えてる足の骨部分はほぼ生状態
    結構キツイっす。




e0119122_18244426.jpg

    dessert 紅イモ



e0119122_1826347.jpg

     mignardises

    旨すぎカヌレ


    
    タマタマというわけでは無さそうなので、書きますが・・・、
    1つ1つの皿として、少し塩が濃い
    そんな感じなので、コースとして総合ではきつすぎる
    お酒を飲みながら、カルトをつまむそんな感じにはピッタンコ

    一皿の構成は見栄えもあって、随所にセンスを感じて結構好みなんだけども
    ノンアルコールなデジェネ終わりで、無性に水が欲しくなるのはどうだろうか・・・
    嫌な考えが頭をよぎっても仕方ないだろう

    火入れは何度か伺わないと分からないがポアソンは秀逸でした。
    
    
    

    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-12-10 18:52 | le benaton


    基本、クリスマスは家にいる派です
    何度か経験あるクリスマスコースには、あまりいい思い出が無いのと
    あの街の浮かれてる感にはどうも馴染めません。トナカイの歌は好きだけど、、。

    でも・・・今年は行きます、コースに・・・
    むげには断れない人からのお誘いとあらば・・・・・

    シェフ、、、頼んましたよ。。。





e0119122_1729018.jpg

    菊芋ロワイヤル

    12月頭の訪問、そうこの日の帰りはあのタクシー
    う~ん、忘れられそうもありません、ほんま、ゲームみたいやったわ~~
    さて・・・いきますか

    アミューズはロワイヤル
    ボキャリングでサーブ、蓋を取るとトリュフの香
    エグミ感じる香はトリュフオイル、この香りはあんま好きじゃありません
    ロワイヤルはいい濃度で好みな食感




e0119122_17302632.jpg

    北海道・仙鳳趾産生・牡蠣

    厚岸はよく食べますが、仙鳳趾はお初
        
     

e0119122_17303492.jpg
  
    エミュルジョンはシャンパン
    いい牡蠣、今まで食べた厚岸の物をゆうに上回る、大きさもかなりでかい
    ・・・インパクトはあるが、何故か記憶に残らない。




e0119122_1617379.jpg

    しっかりチャコってます。




e0119122_17355187.jpg
 
    タパス

      ・カンタブリア アンチョビ
      ・鮪 モホ
      ・ズワイ蟹 コルネ
      ・フォアグラテリーヌ オレオ
      ・プロシュート
      ・ブランダード
      ・里いも フリット
      ・アーモンド冷製 スープ


e0119122_1622497.jpg

    ピカイチ オレオ
  
    フォアグラとチーズのアンサンブレは素敵
    ココアのチュイルとの相性もポォーフェクト!


    

e0119122_17353486.jpg

    ピカニ   カニコルネ

    中には蟹の身とフロマージュ・フレ、その上にウズラの卵
    


e0119122_16253392.jpg

    モホは三番手か・・・




e0119122_16275156.jpg

    コムシノワ  トマトパン・細バゲ




e0119122_1628472.jpg

    伊勢海老とホタテ アメリケーヌ

    二つのキュイの差が見事・・・
    伊勢海老にかかっている、エスペレットが的確に皿の輪郭を浮き彫りにしている
    ・・・旨い。。




e0119122_1631363.jpg

    ドメーヌ・メゾン・ブリュレ・エルドロー・VDT2007




e0119122_1739767.jpg

    飛来

    エレメンタルチーズと焦がしバターの二種のソース
    全体を見て・・・からし菜がいいエッセンス
    スペシャリテだとは思うが、この皿はまだ伸びしろがある
    個人的にはここに1つ強い和の要素があればもっと面白くなると思う。



e0119122_16442312.jpg

    ミルクパンとプティなカンパーニュ
    
    ミルクパン旨し。



e0119122_16451895.jpg

    鮃ソテー

    レッドムーンピュレとチップ・九条ネギ柑橘

    

e0119122_16474155.jpg





e0119122_16481064.jpg





e0119122_16485763.jpg

    コルヴェール ロティ

    岩手の網取りの物
    ガルニはポレンタ・クスクス、軽いサルミか・・

    モチロン、エトフェだろうが、にしてもいい血のまわり
    鉄分が嫌味なく主張して、軽い酸味も感じられる素晴らしいキュイソン
    オーブン使ってるんかな~
    



e0119122_16573570.jpg

    バレンシア風 おじや

    鍋がオジャって言うんでしたっけ?
    わすれました・・・・(笑)
    
    オカワリで完食。




e0119122_16595895.jpg

    カボチャアイス・ヘーゼルナッツムース・メレンゲパウダー



e0119122_17311060.jpg

    焦げ蜜柑の皮ジュレ 蜜柑プリン 



e0119122_17312249.jpg

    青リンゴソルベ パイとアーモンド泡 柑橘ソース



    今回は12000のコース
    皿数が多く、1つのポーションも程々にある
    女性は大食漢でないと、少ししんどいんじゃないでしょうか・・・
    
    コースとして
    今回は素晴らしかったと思います
    来る皿の変化と抜群の火入れ・アセゾネ 等々
    でも、あまり記憶に残らない皿があるのと、ポアソンの頃から盛り下がりを感じたのは
    なんでだろう・・・

    カ・セント、ここのコースの生命線はズバリ、タパス
    チョコチョコ見るかぎりでは、あまり変わりばえが無い様な気がする
    ここが大きく変わらないと、2度・3度来店となると飽きが来るのが早くなると思う
    タパスの変化の付け所をどうするのか、これからの楽しみ

    サービスは、、、女性の方のキュートなスマイルは心を和ましてくれる
    全体としては、時期的に仕方ないかもしれないが、少しバタバタしている感が見受けられる
    来年から7%取るには、チョットしんどいかな~~

    イロンナ意見はあると思いますが
    神戸ではやはり、群を抜いているでしょうね、で、やっぱり期待もします
    ウナギ・プランチャが楽しみで仕方ありません。。



 
[PR]
by kanon20020920 | 2010-12-06 17:49 | Ca sento


    昨日の晩の大雨の中、JRの駅に付き
    帰ろうにもバスがないので、タクシーで帰る事に・・

    駅のそばのタクシーにはテンコ盛りの行列があったので
    いつも使う少し離れた所に並んである個人タクシーまで歩いてオン
    運チャンと世間話などをしながら、フッと気づく
    ・・・・早ッ、

    信号無視は軽く5.6個
    片側二車線の道を縦横無尽に走る、左右のウインカーはノン
    言おうかと思ったけど、なんやお酒も入ってて、少しゲームみたいで気持ち
    よくなってたので、ボケッ~とテレビを見る感覚で・・・
    雨は一向に激しさを増す、うん・・・これはさすがに危ないな~~と
    思っていたら、自宅に無事帰還

    2500円かかるところが、今回は1600円でした
    ついてるんだか、ないんだか・・・



地消
e0119122_16141583.jpg

    兵庫は豊岡にある レストラン アミタ
    分類は難しいお店です
    
    そう・・・向日葵のお終いの時季どぇす~訪問は。

    では、サクッと・・・チュウカ、暗ッ


e0119122_1616552.jpg

    森
    
    神鍋のニジマス・サンジャック・久美浜ハマグリ・地の甘エビ



e0119122_16181148.jpg

    こちらはヤラシサ全開



e0119122_1619428.jpg

    米マツタケ ピッツァ



e0119122_16202337.jpg

    カボチャスープ 紅蟹ロワイヤル



e0119122_1621910.jpg

    つい山の甘鯛 松笠  GP・ハチミツ・バターソース




e0119122_16223373.jpg

    但馬牛グリエ

    しっかし、悪い画像・・、



e0119122_16233824.jpg

    冥加の炊き込み

    土鍋での炊き立て・・・軽く三杯はオカワリ、旨かった。



e0119122_16255839.jpg

    トマトコンポート



e0119122_16261510.jpg

    ルバーブタルト



    地産地消を掲げるレストラン
    イロイロと思う所はありますが、私はいいお店だと思います
    若干値段の高さは気になるけど・・・

    こういう形も面白い。。



    
[PR]
by kanon20020920 | 2010-12-03 16:37 | アミタ