<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧



    薪焼きレストラン ヌーダ
    
    料理の中において・・、嗅覚が味を決める割合は大きい
    その意味合いをはっきりと再認識できる・・

    炭になる前のかぐわしい、楢のマイルドで優しい木の香り
    フュメまでは行かないまでも、素材に合し、適宜な香りの入れよう
    素晴らしいと思います

    特に際立ったのは魚・・・・何種かありましたが
    表現の仕様は豊かで、一皿一皿の皮に付く香りのグラデーションとでも言いますか
    食べているのに、ワインを飲んでいるような感覚
    そのワインの芳香は皿によりけりで
    一皿につき 1杯のワイン を食したしたような驚きの感覚

    神戸に、いいお店が出来ました。
    



Ca marche
e0119122_10274838.jpg

    モロヘイヤ




e0119122_10275813.jpg

    ブール




e0119122_1028546.jpg

    生 チョリソー

    


e0119122_10293062.jpg

    尾鷲 岩牡蠣

    ワンだふぉー
    エミュルジョンは牡蠣のジュース、ヒモ類
    具そのものにはキツメの薪の香り、ジュストなキュイ
    食した後は、ガスッぽい白を飲んだ様な錯覚 びゅーティほー!




e0119122_1034269.jpg

    マクロー

    こちらも少しキツメな香り
    さっきの皿とは違い、キュイはいたって弱め
    今度はキツメな香りがエッセンスになる
    甘美な白の芳香 魅惑です




e0119122_10364324.jpg

    フォンテーヌ・ガニャール
       シャサーニュ・モンラッシェ 1er クロ・サン・ジャン 08



e0119122_10383626.jpg

    グルヌイユと豆        
    
    うすい豆から弾ける旨味 
    いや~~旨いね
    インゲンは焼きモロコシみたいな 祭りの香り

    グルヌイユはコンヴィヴィ以来か
    
    この皿は、童話の挿絵に出てきそう~1つの絵画みたい




e0119122_10471586.jpg

    伝助

    香りのグラデーション
    牡蠣~鯖の強い香とは違い、ごく繊細なブーケ
    楢の特徴が良く出ていて、ソフトタッチながら優しい木の香り

    穴子の繊細な質感に丁度いい





e0119122_10513478.jpg

    トリュフと茄子の卵かけご飯

    ご飯は無いけど そんな感じが良く伝わると思う (笑)
 
    サマートリュフだけに香は少し弱いけど、プラスな薪香が卵に良く合う 
    ナスピュレは出汁醤油 トリュフは味付け海苔 みたいな・・




e0119122_10572036.jpg

    あこう

    フワフワ感が満載な火入れ パルフェっしょ





e0119122_1059490.jpg

    栃木 チュレタ

    言う事ないな~~
    食べな分からんわ~、これは・・

    薪香は次の日の昼ぐらいまで 口の中に・・・・
    鬼の存在感




e0119122_1112223.jpg

    



e0119122_1121485.jpg
  
    西川氏とこれな~~んだゲームの始まり
    口にした瞬間、食べたことある懐かしい味
   
    この香、相方に一日の長あり 

    フィグの葉を煎じた グラニテ 


    
e0119122_1181518.jpg

    ミュスカ よう合います




e0119122_1171870.jpg

    クリームチーズとルバーブ

    
e0119122_118515.jpg

    なるほど・・このお店の在り様ですね (笑) 


e0119122_11103720.jpg



    ~
    楽しゅうございました
    また、伺います。
[PR]
by kanon20020920 | 2011-07-29 11:39 | Nuda


    久々やね~マグノリア
    大体は2件目でペロペロに酔って行くから、あんま記憶に無いけど
    多分4・5回は来てるんかな・・・

    


e0119122_11325662.jpg

    ブリンブリン



    
e0119122_11274614.jpg

    ブドー・デ・スッド 08
  
    旨いね~~楽しくなる ♪

    
[PR]
by kanon20020920 | 2011-07-27 11:34 | マグノリア


    半月前に三度目の訪問、アノニム
    それから五日後にまたも、再訪問

    御配慮有り難うございます
    
    4度目は、ほぼ写真は撮っていませんので
    アップは三度目の訪問時





e0119122_1550166.jpg

    グージェール フリット
  
    個人的にはカレーパンに大恋愛です。





e0119122_15524251.jpg

    ユイットルに似っちょる

    オイスターリーフにアロエのマリネ
    食感も香りも塩味も にっとる。。

    もう一つの海藻・・・忘れました。





e0119122_15575150.jpg

    マグロ

    マグロとその筋の塩水でのマリネ
    若いヤシ・マグロカラスミ
    奥のベーコンみたいなんは分かりません、大理石が取れるところ?
    なんか聞いたことあるような無い様な、イタリアでしたっけ・・





e0119122_162434.jpg

    穴子エスカベッシュ トマト

    酸味が続くけど飽きひんし、いい感じ
    シンプルでいて映えて、何にでも合う
    こういう皿・・好きです。
    




e0119122_165513.jpg

    カイユ・フォア テリーヌ

    ピカッ~Plat du Jour





e0119122_16263959.jpg

    カミーユ・ジルー セカンド

    ボーヌ・プルミエ・レ・ルヴェルセ
    



e0119122_1630191.jpg
 
    ピジョンリエット

    黄色はトウモロコシのピュレ
    
    食の摂理、合わぬわけは無い・・




e0119122_16333771.jpg
 
    玉ねぎ冷製  二種のコンフィ  

    オニョマンジェ
    蛸の意味合いは、スープの味付け、素晴らしい調味
    2種のコンフィの違いは顕著で、食感の違いと甘味の差も面白い。。

    オニョンのエキスはオーブン・コンフィの産物ってとこでしょうか~
    
    




e0119122_16462434.jpg

    スズキグリエ 人参のコンポジ

    目で楽しめる皿
    醍醐味っすね~




e0119122_1650455.jpg

    牛のグリエ  三種の餃子 de ポム 

    結構好きです
    ソース de ビエ~ル




e0119122_16533620.jpg

    グラニテ ペッシュ

    胡瓜も好きです
 



e0119122_16555339.jpg

    初恋

    初々しい~
    そんな時もありました・・・

    過去を思い起こすは、カルピスのプリン?とハーブ類
    カステラとオリーブの粉末
    ケンカしてても仲直りできそう・・いい〆。




        
4度目訪問時
e0119122_1658154.jpg

    モンショベ ポマール 00
[PR]
by kanon20020920 | 2011-07-25 17:19 | anonyme


    梅雨明けたみたいですね~
    って、今日7回ぐらい言われました

    知っとるわ~、なんて言えませんので
    そうですか~ って言います

    うん?・・・・なんのこっちゃ。




    老虎菜 (ラオフーサイ)と読みます
    神戸は東灘界隈にある中華
    
    サックリいきますか


e0119122_14223824.jpg

    干し肉と胡瓜

    


e0119122_1425205.jpg

    車海老 揚げニンニク風味蒸し




e0119122_14261679.jpg

    搾菜




e0119122_14263488.jpg

    口水鶏

    ビール5杯はいける旨さ



e0119122_14291544.jpg

    豆腐と野菜




e0119122_14295439.jpg

    季節の野菜 あっさり炒め    
    



e0119122_14304510.jpg

    チャーシューと白葱 和え麺

    食べにきた価値はある 秀逸な皿

    
    
    ~、
    どっちつかずな感は多分にあります
    方向性の舵取りを明確にすれば、かなりの名店になっていくと思います




    
[PR]
by kanon20020920 | 2011-07-08 14:47 | 老虎菜


    今日は代休
    憂鬱な雨スタートの三連休

    車洗わな~、草抜かな~、髪切らな~・・・
    平凡・・・・だけど

    それが大事だったりします。。






e0119122_1181230.jpg

    京都は西京、桂離宮の向かい側にあるお蕎麦屋です

    こちらも少しアップが遅いですが・・・・





e0119122_1182381.jpg

    お昼・・5500円のコース
    カウンターはいい風情、ボォ~してられる





e0119122_1183380.jpg

    梅湯なスタート

    梅の香り・ハチミツの香り 
    いい香り~

    アペリティフには丁度いい刺激





e0119122_1184746.jpg

    前菜

       ・胡麻豆腐
       ・粗挽蕎麦
       ・フルーツトマトと瓜の昆布締め出汁のゼリー

    
    粗挽きの蕎麦・・・塩で食べる、これは1つの蕎麦料理の完成系
    刺身を食べているみたく、プロデュイがド~~ン、、ウマス。





e0119122_10185445.jpg

    鯛昆布締め

    いい漬かり加減、2・3日物だそう・・
    鯛は塩水で味を含ませ、水で戻した昆布でじっくり味を入れる

    皿が輝いてる・・鯛がしっくりと落ち着いてる
    う~~んさすが、素晴らしい皿。
   


e0119122_10224598.jpg

     洗練された和の素晴らしいお仕事





e0119122_10234831.jpg

    そそる器



e0119122_10241513.jpg

    蕎麦掻き

    椀に広がる 出汁と蕎麦の融合・・そして、竹が映り込む
    宇宙と書いて、ソナタ・・・なに言うてるんやろ・・

    刺身でもいいね。





e0119122_1027258.jpg

    十割り

    香る緑 のど越し生





e0119122_10393544.jpg

    蕎麦湯でチロリ





e0119122_10406100.jpg

    鮎

    ジュストなサイズ
    若さが丁度な苦味、蓼酢の香りもボンなマリアージュ





e0119122_10443338.jpg

    白蒸し 

    

e0119122_10472730.jpg

    カイワレ

    素朴でいて、出汁の主張が嫌味なく美味しい。


e0119122_10474861.jpg

    つみれのポワポワ感 好き
    出汁は鴨のいい出汁がでていて、ご飯に愛想がいい

    カイワレに比べて、プラス1000。





e0119122_1051824.jpg

    蕎麦茶きんとん

    向かいの中村軒のものでしょう
    10個は食べれる、ウマさ。



    ~
    決して、万人受けはしないでしょうが、自分は好き
    シンプルにまた行きたいと思える、いいお店です。



              
[PR]
by kanon20020920 | 2011-07-01 11:04 | 隆兵そば