JOSMEYER   Pinot Gris [2007]
    クリスチャン・ビネール  ピノノワール・キュベ・ベアトリス2007
    小布施  オーディネール メルロ 2008
    M・ラピエール モルゴン 2009

    とりあえず、最近飲んだ物を忘れないようにメモ代わり・・・
    小布施メルロは結構好み。




rillettes
e0119122_15333271.jpg

    これで、小さくなったんすか?
    ある意味、脅威やね、元のサイズ・・。

    


pipérade
e0119122_1541429.jpg

    半熟ウッフ,エスペレットはお好みで




e0119122_15495523.jpg




terrine
e0119122_15501528.jpg

    岡山産イノシシとフォアグラ 舞茸

    やっぱ、こういう系は好きやな~~
    食べとる、噛ンドル、飲んドルって気がする ザ・な・フレンチ




rémoulade
e0119122_15573953.jpg

    何より、レムラード、ウマシ





noir de bigorre
e0119122_9273713.jpg

    ヒッシのパッチでピースな完食
    

        
    なんやかんやでお初です、トルトゥーガ
    ザ・ビストロ、流れる時間も空気も心地よく
    もちろん出てくる料理も気持ちいい
    食べる側の客もこのお店を良く理解している、いいお店ですね


       
[PR]
# by kanon20020920 | 2011-04-25 16:15 | La Tortuga


    神戸は今、シンシンと雨
 
    家に植えたトマトと茄子には恵みの雨でしょう
    二日、水やるの忘れたので・・・、
    でも、今まさに満開の桜には花散らしの雨になりそうですね
    今年はまだ、プライベートでは一回も花見にいけてないので
    もう少し持ちこたえてほしいところ

    さて・・・・、

    今回のアップは神戸市はJR元町からあるいて北に10分ぐらいあがったところにある
    フレンチ・・・anonyme 今年入ってのオープン
    訳あって、この記事は2月の真ん中程、寒さマッサカリの時季の事です





retard・・・・申し訳ないです
e0119122_1432163.jpg

    チョリソー 紅イモ

    なんか紅イモの部分見てるとマジパンに見えてくる
    私だけ・・?
 
    紅イモの甘味、チョリソーの辛味
    いいマッチング・イエェ~イ、いいアミューズです。




e0119122_14321396.jpg
 
    生きた心地




e0119122_14322333.jpg

    シーザーサラダ 燻製トースト

    エッセンスはきっちりと残っていて、味もしっかりある
    好みは別れるやろうけど、好き

    こういう皿は輪郭がぼやけるとダメ
    なにを食べとるか、分からんくなるから
    



e0119122_14323268.jpg

    大豆たいたん 煮汁あわ~et 鴨コンフィ  

    ガツ~ッと主張してくるおまめさんは北海道産でしょうか
    鴨コンはエッジに使うのはもったいない出来
    




e0119122_14342966.jpg

    タラのクロメスキ トピナンブール

    ピカッ~、Plat du Jour

    コロッケの中は、タラ図くし
    レアなトピナンブールとの相性も素晴らしいし、食感もいい

    これは自論だが・・・食感と甘味なくして旨味は無い
    小皿にするにはもったいない、理想に近いお味。。




e0119122_15444557.jpg
 
    久々やね~ヴァン・サン・フライト
    アルザスノワール、炸裂  料理ともいいマリアージュ




e0119122_14425083.jpg
 
    カブピュレ、豚リエ

    あれ?
    出てきた順番、コロッケ逆やったかな?

    初めのアミューズと小皿4皿ここまでで5皿。





e0119122_1446321.jpg

    前菜 レギュム

    丁寧なお仕事、旨いです
    菜の花のピリピリ感も個人的には好き

    以前は、アミューズにはあったけど
    今回から、コースとなって全体的に一皿一皿に余白と立体感がある、
    撮る方からとしては、スゴクありがたい事




e0119122_14554242.jpg

    黒ダイのグリエ

    皮のパリパリはここにはいらない
    身との間にあるプニプニ感がすばらしく旨い
    クエに似た感じある

    ソースはパプリカのリキッドとジュやったかな
    トマトではよく見かけるけど、パプリカではお初です
    チラリのエスペレットはやっぱり優れたプロデュイ、
    皿が綺麗にヒトツにまとまってる




e0119122_15224100.jpg

    le canard challandais - burgaud

    オー・ソン、の賜物、鉄分はいい回り
    噛みごたえと脂の甘味、申し分なく旨い
    ソースとしてのオレンジの粉末は、あんまり分かりにくいけど
    手が込んでる仕事
    鴨とのバランスもいいし、美味しい。
    
    ~ビュルゴーさん食べるんは初めてかな~、二度目かな~~あんま覚えてないわ~




e0119122_159196.jpg
 
    有機人参とシードルビネガーのグラニテ 




e0119122_15473953.jpg

    レモンクリームとハーブのサラダ
    
    相方絶賛



e0119122_15111137.jpg

    ピスターシュ


  
    全部で何皿?・・・・飲み物入れると12さら?
    これで・・・6615円は安いと感じる
    コースの構成もいいから
    もう少し落ち着いてきたら、イロイロな楽しみも増えそう

    フレンチとして考えて、やっと神戸に出来た新しい形のお店
    素直に美味しかったです、応援させてもらいます。



        
[PR]
# by kanon20020920 | 2011-04-15 15:39 | anonyme


    ビッコン・ビッコン


e0119122_229712.jpg

    失礼しました。
[PR]
# by kanon20020920 | 2011-04-06 22:12


    どうも・・
    
    こんにちわ~~




e0119122_15203170.jpg



e0119122_15224956.jpg



e0119122_1523182.jpg



e0119122_15231453.jpg


    旨し。

    
[PR]
# by kanon20020920 | 2011-03-28 15:26 | Ravi,e relier


    一日、2箱はいってたかな~~
    今、換算すると880円、一日でやで~~、あ~恐ろしっ
    そこまでして、したい
    
    ・・・・・喫煙・・・・

    私事ですが
    この3月イッピをもちまして、禁煙しました
    無事、今も続いております

    喫煙されてる方は、くれぐれも喫煙中は近寄らないで下さい
    これは、一種の命令系です(笑)
    そして、もう喫煙OKの食事処なんて二度と行きませんので、悪しからず
    ・・・・そう勝手なもんなんです、喫煙者ってね・・・(笑笑)





Déjeuner de Bretagne
e0119122_15345011.jpg

    ジャンボン・ブランと有塩エシレのガレット


    二回目のラシーム

    この日も、デジェネ、晩のカルトも魅力的な香りするけど        
    四月からディネもコースオンリー2本仕立てらしいので
    私はそちらで晩はオジャマします・・・
    カルト行くんなら、今月までですのでお急ぎよ~~

    2本の晩のコースは6800と10000ぐらいやったかな
    上のコースが、プリフィクスになるって聞いたけど、シェフによると
    まだ、本決まりではないみたいです
    コースにしぼったディネは興味津々やね~~


    さて、始まりは~   
    farine de sarrasin ガレット
    チュイルの様な薄さに適度な素材の塩味
    ブルターニュの表現はアミューズとしてはいい感じで期待を裏切らない

    写真のいい感じでボケ加減は、あれはケヴィンかな
    comment vas-tu?
    ケヴィンは、ジット見てると2回に1回ぐらいで笑います・・
    




lait caillé
e0119122_2092958.jpg

    レ・カイエのカネロニ フュメ・ソモン、ムース
     
    レ・カイエはブルターニュでは一般的なヨーグルトみたいな物
    それをカネロニに見立て、スモークしたサーモンのムースを巻いている
    想像するだけでも、大変な作業ですな
 
    そのレ・カイエは真ん中にソースとしてもあり、その上にはイクラ
    レモンの泡、奥にはブルターニュの伝統菓子、ファーブルトン

    ファーブルトンの塩はゲランドのサレで、固執して欲しかったけど、
    度胆抜かれたんで、全くモウー・マン・タイです・・古ルっ~~。。





artichaut
e0119122_16224052.jpg


e0119122_16225095.jpg

    アルティショ・アリコブランのスープ

    ピカッ~Plat du Jour
    古典へのアプローチが香る一皿
  
    アメリケーヌソースとラングスティーヌ(NZ)のムース・・
    クネルみたいなんがイン、食感はクルトン、アルティショのチップ

    以前、蔵で、、アルティショのポッシェ・ベアロネーズみたいなんを食べた事が
    あるけど、今の段階では個人的にそれの再構築版と捉えています
    にしても、ヴルーテの旨味 BANNG!!    





cotriadé
e0119122_16401690.jpg

    マクロー・コトリヤード

    タラ系ではなく鯖でのコトリヤード
    まわりのポチポチはエストラゴンのソース、ようは酸味
    下には、ジャガイモ
    う~~ん、前の皿と違って、こちらは素晴らしい分解業


    キッチリ香る、サバのシメアトとポッシェの白ワイン
    北のブイヤベースはこうも端正に綺麗に変化    
    




e0119122_1652124.jpg

   


pintade
e0119122_16524935.jpg

    パンタッド・ロティ

    意図はホロホロ鶏ぐらいかな 
    そんなに感じる物は無いけど、それどころや無いぐらい
    やばい火入れ
   
    ホンマにロティ言うぐらい
    茹で鳥のような、シ~ットリ感
    ナイフを入れると、切れていくというよりは裂けていく感覚
    視覚で理解してても、一瞬、何食べとんか分からんようなる

    ・・・おそろしや・・・おそろしや・・・ホンマ、ロティ?
    ブール・フォン・リソレ、アン・160℃・ロティ、んな所 

    ガルニも秀逸で
    グリンピースの泡とピュレ オニョン
    ロメインレタスのプティ・パケ、中身は・・・キュイスのアッシェete


e0119122_172059.jpg

    旨く無いわけない




Barbe a papa
e0119122_1762978.jpg

    バーバーパパ(ヒゲのお爺さん)

    キャラメル風味の泡と栗のクリームブリュレ
    オレンジのジャムとオレンジの香りの氷

    食べる前、ヒゲが下に落ちそうになって危うく大惨事





e0119122_17141023.jpg
 
    クイニー・アマンとそば粉のクリーム
    そば粉とシードルのアイス

    ヤッパリ、デセールのレベルは極めて高い
    相方はやっぱり、悶絶





e0119122_17161549.jpg
 
    ガレット・ブルトン キャラメル・サレ 加計呂磨

    プティフールも手抜き感は無し・・・C'est bon
    ケド、ガレット・ブルトンはオヤ~?小さいから難しいんでしょうか・・



    ~
    二回目のデジェネ・ブルターニュ
    かなり苦労されたとお聞きしました、海の幸・酪農がメインで
    郷土料理が少ないんでしょうか、他と比べると・・

    全体を通してみると
    個人的には前のアルザスの方が、奥深さが出ていて好きでした
    でも、単品の皿でみてみると
    それぞれの皿が1つ1つ個性をしっかり持っていて、凡庸な皿とは一線を画す
    特にアーテチョークと鬼の火入れパンタッド 
    う~~ん、素晴らスィ~~

    また、晩にも伺います。。



           
[PR]
# by kanon20020920 | 2011-03-09 17:34 | La Cime